DADI(ダディ)っていうICOが始まるよ〜すでに多数のクライアントを抱える企業のICO〜




どうも、ぽよよです。
 
 
DADIというICOが注目を集めています。
 
 

DADIとは?

 
DADIは分散型のクラウドプラットフォームで、
グローバルなWebサービスを提供することを目的としています。
 

AWS(Amazon Web Service)というAmazonが提供しているサービスがあるのですが、
AWSの強化バージョンみたいな感じかなと思っています。

AWSは、コンピューティングやデータベースストレージ、コンテンツ配信などをやりたいときに、
これらを実現するためのサービスを提供しているものです。

コンピューティングは仮想サーバーの提供やウェブアプリの実行・管理など、
ストレージもスケーラブルなストレージやEC向けのブロックストレージの提供、
その他、データベース、管理ツール、分析、人工知能、モバイルサービスなどなど、
いろんなウェブサービスを提供しているのがAWSです。
 
アマゾンウェブサービス DADI ICO

DADIが作り上げようとしているのは、AWSのようなイメージです。
 
 
DADI ICO 参加方法
 
これを強化し、DADIのテクノロジーを利用することで
クライアントはWebサービスを強化することができます。
 

価格もAWSよりも90%ほど安い価格で顧客サポートができるようで、
クラウドコンピューティングの根本的な見直しになるとDADIは言っています。
 
 

DADIを利用することにより、製品コストを抑えて早く実現できる

 
クライアント企業がDADIのサービスを活用することによって、
自前では膨大なコストがかかったり、何ヶ月もの時間を要するようなことも、
コストを抑えてより早くリリースすることが可能になります。
 
 
サービス提供時だけでなく、ランニングコストのダウンも期待できます。
 
下記で紹介している自動車雑誌の「WHAT CAR?」は
DADIのサービスに移行したことによって65%のコスト削減に成功ています。
 
DADI ICO 評価

DADIはすでに創業して4年が経つ

 
多くのICOを実施する企業はスタートアップが多く、
まだまだこれからの企業が多いですが、
DADIはすでに4年の実績があります。
 

その中で技術も磨き、すでに大規模なクライアントにウェブサービスを提供しています。
 
DADI ICO ダディ

日本人にはあまり馴染みのない企業ばかりかもしれませんが、
従業員数8万人のイギリス大手メディア企業(BT)や、
40年以上の歴史がある車の雑誌を出版している企業(WHAT CAR?)など、
超大手にもサービスを提供しているのがDADIです。
 

すでにこれだけ実績がある会社であるということは、
安心材料の1つと考えられます。
   

DADIのロードマップ

 
ダディ ICO ロードマップ

DADIのホワイトペーパーでは2018年中までのロードマップが書かれています。
 
 
ロードマップも技術的なことが山盛りなので難解なのですが、
2018年中にはかなり進展するように感じます。
 
 

DADIトークンの概要

 
DADIはコインではなくトークンであり、
イーサリアムのブロックチェーン技術をベースにしています。
 
総発行数は1億DADIで、1DADIは0.4USD~0.5USDで販売されます。

 
ちなみに、ソフトキャップは100万USD、ハードキャップは2875万USDです。
   

プレセールには多くの投資家がDADIを取得しようと押し寄せたようで、
ICOも人気が集まる可能性が十分にあるでしょう。
 
  

参加方法

 
DADIのICOの参加方法をまとめておきます。
  
まずはDADIのページに行きましょう!

 

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加