FXの追証とは?〜追証の意味と危険をわかりやすく解説〜

FX 追証 安全




どうも、ぽよよです。
 

FXトレードをする上で絶対に理解しておかなければならない仕組みの1つに

追証

というものがあります。

 
今回はこの追証についてお伝えしていきます。
 

追証とは

 
追証 FX 意味

追証とは読んで字のごとくなのですが、証拠金が不足した際に

追加で証拠金を入金しなければならない

ことを言います。
 

証拠金がマイナスになってしまった場合、
そのマイナス分をFX業者に入金しなければならないんですね。
 

万が一これが発生してしまった場合、
必ず支払わなければなりません。

 

なんで証拠金がマイナスになるの?

 

FXは日本語でいうと外国為替証拠金取引と呼ぶのですが、
これは信用取引の1つになります。
 

要は、入金した証拠金でドルを買い付けたりしているわけではなく
証拠金を元に取引をさせてもらっているような状態です。

 

で、FXにはレバレッジというシステムがありますよね。
 

これを利用することにより、デポジットした証拠金よりも
大きな金額を動かしてトレードをすることが可能になっています。
 

 

100万円の証拠金と1,000万円の証拠金の場合

 
例えば、証拠金100万円でレバレッジ10倍にして1000万円の取引をした場合と、
証拠金1,000万円でレバレッジ1倍で1000万円の取引を場合を比較してみましょう。
 

どちらもポジジョンは1,000万円分を持っているので、そこは同じですね。
 

で、トレードに失敗して1,000万円分のポジションが900万円になってしまったとします。

マイナス100万円ですね。
 

損失分は証拠金から引かれますので、
1,000万円の証拠金を持っていた方は900万円になります。
 

一方、100万円の証拠金だった方は100万円の損失なので
残高ゼロ、いわゆる「退場」となってしまうわけです。
 

では、もし証拠金が100万円で、損失が200万円だったら・・・
 

証拠金がマイナス100万円になってしまいますよね。
 

追証があるFX業者の場合、この際にマイナス100万円を入金しなければならなくなります。
 

 
この時に、追証がないFX業者でトレードをしていた場合は、
残高がゼロになるだけで、追加で証拠金を入れる必要はありません。

 

ロスカットが間に合わないケースもある

 
FX 追証 意味

証拠金維持率が一定以下になると、ロスカット=強制的にポジションを精算されるというルールがあります。
 

そのため、基本的には残高がマイナスになる前にロスカットされてポジションが解消されるということがほとんどです。
 

ただ、本当に激しい値動きをして、ロスカット追いつかないというケースもあるんです。
 

例えば、2015年1月15日に起きたスイスショックの値動きを見てみてください。
 

 

いかがでしょうか??(笑)

 
外野として見ると笑ってしまうような値動きですが、
もしここでロング(買い)ポジションを持っていたら・・・ 

考えたくもないですね。
 

ここまで激しい値動きが発生すると、さすがにロスカットも間に合いません。
 

そこまで頻繁にこのレベルの値動きがあるわけではないですが、
今後も起こる可能性は十分にあります。
 

ここで莫大な損失を被って、追証に苦しんでしまった方も実際にいますので
本当に注意しなければならない点です。
 
 

FX会社は「追証なし」のところがオススメ

  

追証の恐ろしさは十分伝わったのではないかと思います。
 

国内のFX会社はどこも追証がありますので、
万が一スイスショックのような値動きに巻き込まれるとひとたまりもありません。
 

そのため、FXトレードをするなら追証がない海外のFX会社を断然オススメします。
 

その中でも、

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加