【FX初心者の方必読!画像付き】ライントレードの方法〜水平ラインとトレンドライン、サポートラインとレジスタンスライン〜

FX トレードのやり方 ライントレード




どうも、ぽよよです。

FXをやってみたいけど、「どうやってチャートを見ていけばいいかわからない!

という方はまずはラインを引いてトレードをしてみることをお勧めします。

ライントレードとは

ライントレードとは、水平線やトレンドラインを引いて、
それを元にトレードを行う=ポジションを取っていくことを言います。

チャート(ローソク足)は同じところで反発することがよくあるため、
そこにラインを引き、それを元にトレードをしていくわけですね。

 

トレーダーの中にはラインを一切引かずにインジケーターだけでトレードをするツワモノもいますが、
基本はライントレードだと思います。

 
インジケーターはあくまで根拠を強める要素であり、
ラインが引けないとトレードもできないでしょう。

逆に言えば、ラインさえ的確に引くことができれば、
インジケーターがなくてもある程度はできちゃうんじゃないかなというのが私の持論です。
 

というわけで、ライントレードはまさにFXにおける必修科目と言えるでしょうから、
ぜひ最初に要領を抑え、マスターしておきましょう。 
 
 

ラインの種類

 
ライントレード 手法 FX
 
ラインは大きく分けて2つあり、

水平ラインとトレンドライン

があります。
 

これは必ず覚えておきましょう。
 
 
そして、それぞれにサポートラインとレジスタンスラインがあります。
 

1つ1つ見ていきましょう。

水平ライン

 
水平ラインは言葉の通り、水平に引くラインです。
 
実際にチャートを見ていきましょう。
 

こちらはポンド円の4時間足です。
 
FX 水平ライン トレンドライン
 

これだけ見るといまいち動きが把握しにくいですよね。
 

では、このチャートに頭の中で水平ラインを何本か引いてみてください。
 
 

引けましたか??

 
 
 
 

はい、こんな感じでどうでしょうか??
 
FX ライントレード やり方
 
 
こう見ると、なんとなくチャートの動きが把握できる気がしませんか??
 
 
ヒゲが飛びてたりしてるところもありますが、
比較的反発していることがわかるかと思います。
 

逆に反発せずに抜けてしまった場合は、その方向に勢いよく動いているのがわかりますね。
 

FXライントレード 方法
 
 

実際のトレード例

このラインを元に、トレードをすることができます。
 

例えば、これはひとつの例ですが、もしこのまま価格があがってきてラインにぶつかった場合、
ショートを入れてみようかな?というのも1つの戦略です。
 

FX チャート分析 ライントレード
 
「このラインくらいでショートを入れてみて、損切りはこのラインを明確に超えたあたりに設定する」

とかだと損切りも明確にできるしいいですよね。
 
 
こんな感じで、ラインを元に仮説を立ててトレードをしていくことをライントレードと言います。
 
 
ラインが適切に引けるだけで、全然目線が変わるしトレードに大きく影響してくるのでぜひマスターしてみてください。
  
 
  

トレンドライン

 
FXトレード チャート分析 ライントレード

相場には2種類あり、「トレンド相場」と「レンジ相場」があります。
 

トレンド相場は上か下、どちらかに向かって価格が継続的に動いている状態であり、
レンジ相場は同じ価格帯付近を行ったり来たりしている相場です。
 

トレンド相場の時は一方向にチャートが動いている流れでラインを引くことができるんですね。

これをトレンドラインと言います。
 
 
実際のチャートを見てみましょう。
 

こちらはドル円4時間足です。
 

FX チャート分析 トレード手法
 

アップトレンドから転換してダウントレンドになっていますが、
このアップトレンドの中でチャートに線を引いてみてください。
 
 
 
  

 
 

 
 
引けましたか?? 
 
 

 
  
はい、ざっくりこんな感じで引けますね。
 

FX チャート分析 ライントレード
 
 
 
途中で少しはみ出してはいるものの、綺麗に上昇していることがわかります。
  
 

実際のトレード例

 
トレンドに沿ってポジションを持つのが基本ですから、
例えばこういった矢印のところで買いポジション(ロングポジジョン)を持つことができますよね。
 
 
FX チャート分析 ライントレード

 

こんな感じでトレンドラインを生かしたトレードをすることが可能です。
 
 
 

サポートラインとレジスタンスライン

 
ライントレード FX やり方

水平ラインとトレンドライン、それぞれには2つの性質があります。
 

それがサポートラインなのか、それともレジスタンスラインなのか、です。

 

これも水平ラインを例に説明しましょう。
 

こちらはドル円の4時間足です。

FX チャート分析 ライントレード
 
こんな感じで、1本のラインを引くことができますね。
 
  
 
そして反発している部分を見ていくと・・・

FX やり方 ライントレード

これを見てもらうと、赤丸のところでは上にあるラインに押し返されていて、
青丸のところでは下のラインに支えられて反発しています。
 

この赤丸のところで機能しているラインをレジスタンスライン
青丸のところで機能しているラインをサポートラインと呼びます。
 

 

要するに、レジスタンスラインを抜けると今度はサポートラインとなり、
サポートラインを抜けると今度はレジスタンスラインとなるわけです。
 

 

まとめ

 
チャート分析におけるラインの引き方や機能について解説してみました。
 

ライントレードは非常に基礎的な要素であり、
さらにはトレードにおいても有効活用できますので、ぜひ習得してみてください。
 

FXをやるなら断然海外の優良FX会社「XM(エックスエム)」がオススメです。
   

【最新】XM(エックスエム)の口座開設・登録方法を画像付きでわかりやすく解説

2018.10.07

また、チャート分析をするならTrading View(トレーディングビュー)がオススメです。
 
こちらの記事でTrading View(トレーディングビュー)についても解説しています。
 

最強チャート分析ツール!トレーディングビュー(Trading View)とは〜使い方や登録方法、有料プランの違いなどを紹介〜

2018.09.13

【完全版】トレーディングビュー(Trading View)の使い方講座〜インジケーターの設定や表示方法など全て図入りで解説

2018.09.16

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加