コインチェックを使用されている方は要注意!〜最悪の場合、資産がなくなるかも。。。〜

コインチェック 注意




どうも、ぽよよです。
 
  
コインチェック
といえば、
日本の取引所では取り扱っている暗号通貨の種類が豊富で、
アプリも使いやすいので利用者も多い取引所です。
 

ぽよよ
僕も海外の取引所を利用する前まではコインチェック愛用者でした。
 

しかし、現在もコインチェックを利用しているということは

実はとても大きな危険もある

ということをご存知ですか??
 

 
もし、何も気にせずコインチェックを利用されている方がいたら

ぜひ注意してください。
 
コインチェック リスク
 
 
 

コインチェックは金融庁からの許可がまだ下りていない

 

日本では、金融庁が取引所などの事業者は

【仮想通貨交換事業者】

に登録しなければならなくなりました。
 
コインチェック リスク
 
この期限、10月1日だったんですね。
 

10月1日の時点で、金融庁に仮想通貨交換事業者として登録しなければ、

営業ができなくなってしまうんです。
 

そして、このブログを書いている現時点で

コインチェックは仮想通貨交換事業者としての登録がなされていません。
  
※12/23現在もまだ登録は完了していません。

 
そう、本来なら10月1日を過ぎているのに仮想通貨交換事業者の登録が済んでいないコインチェックは
営業ができないのです。
 
 
もちろん、申請自体はコインチェックもしています。
 
 

2017年9月13日、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田晃一良)は、資金決済に関する法律第63条の3第1項の規定による仮想通貨交換業者の登録申請書を関東財務局長へ提出、受理されましたことをお知らせいたします。また審査の結果につきましては、判明次第、速やかに開示いたします。

(出典:コインチェック・プレス)
 
 
しかし、金融庁からの許可がまだ下りていないのですね。
  
 
 

今は単なる猶予期間である、というだけのこと

 
下記にも記載している金融庁のPDF内には、このような記載があります。
 

※資金決済に関する法律の一部改正に伴う経過措置により、平成29年4月1日より前に、現に仮想通貨交換業を行っていた者は、平成29年4月1日から起算して6月間に登録の申請をした場合は、その期間を経過した後も、その申請について登録又は登録の拒否の処
分があるまでの間、当該仮想通貨交換業を行うことができるとされています。

 
噛み砕いて言えば、
 

平成29年4月1日以前に仮想通貨交換業を行なっていた事業者は、

4月1日から数えて6ヶ月以内に金融庁に登録申請をしてね。
 
6ヶ月以内に申請すれば、もしその間に登録の可否が判定しなくても、

とりあえず金融庁の結果がわかるまでは営業してもいいよ。

 
ということです。
 
 
コインチェックは、

申請をしたけどまだ登録の可否の結果が金融庁から出ていないから、

特別に猶予期間として結果が出るまで営業しててもいいよ

というだけなんですね。
 

もし、金融庁からの許可が下りなかったらどうなるのでしょうか。。。??
 



 

許可が下りなかったらどうなるの??

  
コインチェック 取引所 

とりあえず、許可が下りないということは

仮想通貨交換業を営むことができないので、

閉店ガラガラとなるかもしれません。
 

その場合、コインチェックに預けていた資産はどうなると思いますか??
 
 
断定はもちろんできませんが、

可能性の話で言えば、

最悪の場合、全てを失うことだってあるでしょう。
 

 
「そんな突然使えなくなるの??」

と感じる方もいるかもしれませんが、

法律というルールには誰も逆らえませんし、

そこに優しさとか感情はありません。
 

そもそも、金融庁はかなりの優遇をしてきたと思います。
 

4月から6ヶ月間も登録申請期間を設けて、

10月以降も登録の可否がわかるまでは営業させてもらえるのです。
 

この目まぐるしく変化していく仮想通貨業界ということを考えても、

優しさたっぷりの措置だったと思います。
 

コインチェック 登録
 
 
  

コインチェックの許可が出ていない理由は??

 

金融庁の許可が下りたのは、

ビットフライヤーをはじめとした国内11の取引所です。
 
 
詳しくはこちらから→金融庁のPDF

 なぜ利用ユーザーも多く大手であるコインチェックが

登録されていないのでしょうか?? 

これについて、コインチェック側では

取り扱っている仮想通貨の種類が多い

ということを理由に挙げています。
 


 

取り扱い銘柄が多いことが理由とされています。
 

が、果たして本当にそれだけが理由なのでしょうか??? 

 

テックビューロ(Zaif)は問題なく許可が出ている

  

 
COMSAやCAMPFIREの一件でもお馴染みのテックビューロが運営しているZaif(ザイフ)

取り扱い銘柄は多いです。
  
 
ビットコインやイーサリアムに加え、モナコインやNEM(XEM)、

カウンターパーティ(XCP)や、ネタにもなっているpepecash(ぺぺキャッシュ)など、

合計13種類の取り扱い通貨があります。
 
Zaif トークン
 
テックビューロ ザイフ 

  
それでも、テックビューロは問題なく金融庁の許可をもらい、

仮想通貨交換事業者として登録が済まされています。
 

ちなみに、コインチェックの取り扱い銘柄は全部で13種類です。
 
取り扱い通貨数はテックビューロと同じです。
 
  
  
取り扱い通貨数が多いことを理由に金融庁の登録が遅れているとのことですが、

単純に通貨数で比較すると、

同じ取り扱い通貨数のテックビューロはすんなりと登録されています。
  
 
むしろ、テックビューロの方がマイナーなトークンを数多く扱っているので、

時間がかかるとしたらテックビューロの方じゃないかな??

と思ってしまうくらいです。 

モネロ(XMR)やZキャッシュ(ZEC)などの匿名系通貨があるからではないの??
 
という考察も散見されますが、あんまり関係ないのではないかと個人的には思います。
 

 
同じ取り扱い数であるテックビューロがささっと登録を済ませている以上、

コインチェックの「取り扱い通貨数が多くて時間がかかっている」

という理由は妥当には思えません。
 
 

 
あまり噂程度の話しを書く気もないのでこれ以上は控えますが、

現時点でコインチェックに資産を預けるのはリスクが非常に高いと思います。
 
  

ぽよよ
Zaifって13種類も扱ってたんだね、、シラナカッタ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 
 

リスク回避を第一に考えよう

   
コインチェック 取引所 

自分の資産を増やしたいと思って投資を始めるのは非常に良いことですが、

リスクを最小限に抑えることは最重要ポイントだと思います。
 

「如何に増やすか」ではなく、

「如何に減らさないか」の方が何倍も大切ではないでしょうか。
 

万が一の可能性を考えれば、許可が出ていない業者に資産を預けていた場合、

全てを失ってしまうようなリスクもありえなくはないと思います。
 

そのリスクを回避するために、

僕はコインチェックに資産を預けるのが怖いので全額移動しました。

 
 
「あの時、ああしておけばよかった、、、」

という後悔がないように、めんどくさがらずに常に最善の対策をする必要があるでしょう。
  

ぽよよ
後悔先に立たずᕦ(ò_óˇ)ᕤ
 
 
 
僕はコインチェックがこのまま無事に許可が下りて
営業できるだろうとは思っています。
和田社長も安心してくださいとおっしゃってますし。

しかし、何があるかわかりません。
絶対はありません。

結果的に、今の時点で資産を移動させて、 
結局手間と送金手数料だけかかってしまった
となる場合もあるでしょうが、、、

やはりリスクは避けるべきだと思います。

そこはぜひ、ご自身で考えてみてくださいね。

 
  
  

リスクを回避したい場合は、ウォレットや他の取引所に移動させよう

 
コインチェック 暗号通貨

上記のようなリスクに備えたい場合は、

ひとまずはちゃんと仮想通貨交換事業者として登録されている取引所や、

各仮想通貨のウォレットなどに移動させた方がいいと思います。
  
 
取引所ならビットフライヤー
などに、

ウォレットならTREZOR(トレザー)などのハードウェアウォレットや、
BreadWalletなどのウェブウォレットに移動させましょう。
 
 
長期でビットコインホールドを考えている場合は、ハードウェアウォレットは必須だと思います。


【日本語ガイドセット】TREZOR(トレザー)ビットコイン ハードウェアウォレット (黒)

 
↑↑↑
amazonに飛びます。
 
  

まとめ

 
コインチェックは確かに便利な取引所です。
 
国内の取引所ですし、扱っている通過数も豊富で有望なものばかり。
  
 
アプリの使いやすさも僕は好きですし、

なんだかんだ個人的には国内の取引所ではコインチェックが1番好きです。
 

ただ、感情論で投資はできませんので、

リスクがあるならばちゃんと捉えて、それに備えて行動しなければいけないと思います。
 
 
 
僕は少なくとも金融庁への登録が済むまでは
コインチェックは利用できないと思っています。
 

もちろん、無事申請が通って登録が済めば、

また安心して利用することができますので、そうなれば問題解決です。
 

 
もし、コインチェックにまだ資産を預けたままの方がいれば、

参考にしていただきたいと思います。
 
 
また、もちろんですがコインチェックがこのまま順調に

営業してくれることを僕も祈っています。
 

1日も早く金融庁の許可が下りて、安心して使えることといいなーと思います。 
 

日本の仮想通貨取引所をがっつり比較!〜特徴・オススメ・メリットを紹介〜

2017.10.18

Zaifのコイン積立にイーサリアムが追加!〜トレードが苦手な方は仮想通貨積立がオススメ〜

2017.10.26

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加