今さら聞けない?!マイニングって何ですか?〜ビットコインや仮想通貨のマイニング〜

ビットコイン マイニング




 
ビットコインや仮想通貨に触れていると、

マイニング

という言葉を目にしたことがあると思います。

 
あまり馴染みのない言葉かと思いますので、

マイニングについてわかりやすく解説していきます。

 
マイニング ビットコイン
 

マイニングとは?

マイニングとは、英単語でいう「Mining」のことで

直訳すると採掘という意味になります。

 
元々は、鉱山から金を採掘するという意味合いの

マイニングという言葉から来ています。

 
ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれているように、
金(ゴールド)に似ているんですね。
 
ビットコインの発行枚数は2100万枚と決められていますが、
すでに2100万枚全てのビットコインが流通しているわけではないんです。
 

そう、ビットコインはマイニングによって世に送り出されていて、

まさに新しいビットコインが採掘されていると表現できてしまうのですね。
 
 ビットコイン マイニング

 

採掘(=マイニング)って具体的に何をやってるの??

さて、ビットコインをマイニングするというのは
具体的にどうやって行われているのでしょうか?

 
デジタルなものなので、
金(ゴールド)のように鉱山があるわけでもないですよね。

 

このマイニングこそブロックチェーン技術の根幹とも言えるシステムなのですが、
マイニングは一言で表すと

取引の承認

と言えます。
  
マイニング 仮想通貨
 
 

取引の承認って??

 

ビットコインは、ブロックチェーン技術によって成り立っていて、
銀行や企業のような管理する存在がいないですよね。

 
でも、ビットコインだって銀行送金のように
問題なく相手に送ることができています。
 

おまけに、BLOCKCHAINから他の人の取引(=トランザクション)も閲覧することができます。
 
ビットコイン マイニング

これって、何で自分の取引履歴や相手、送金BTC量が確認できると思いますか?
 

そう、答えはマイニング(=取引の承認)が行われているからなのです。 

マイニングしてくれる第三者がいてくれるからこそ、
ビットコインのシステムが成り立って送受信を行うことができるんですね。

 

マイニングを行ってくれる存在をマイナーと呼びます。

 
ビットコインの取引(=トランザクション)が発生すると
マイナーが確認作業をしてくれて、この作業をマイニングと呼ぶわけですね。
 

そして、マイニングをしてくれるマイナーには、
貢献してくれたお礼として新しく生まれたビットコインや送金手数料が支払われます。
 

 
つまり、マイナーはマイニングをすることによって、
ビットコインをゲットすることができるのです。
  
ビットコイン マイニング
 

 

マイニングって実際にどうやってやるの??

 
ビットコインは日本では「仮想通貨」と呼ばれていますが、

英語で表すと「CRYPTO CURRENCY」です。
 
CRYPTO=暗号
CURRENCY=通貨

なので、正確には暗号通貨と呼ぶ方がよりニュアンスは正確になります。
 

ぽよよ
日本だと法的には「仮想通貨」という呼び方をしているので、好みの問題かな。
  
 
 ビットコイン マイニング
 
  
この暗号通貨と呼ばれる理由ですが、
これは取引(=トランザクション)が暗号化されて成り立っているからなんですね。
 

取引の際には、暗号に包まれたボックスを相手に送られて、
その暗号をより早く解くとマイニング成功となります。
 
この暗号を解く作業は、まだビットコインが有名でなかった時代には
個人のパソコンでも行うことが可能でした。
 

しかし、ビットコインの価値が広く認められるようになった今だと、
もう個人レベルでマイニングを行うのはほぼ不可能です。
 

大きな企業が莫大な資金を投資してマイニングマシーンを大量に用意し、
フル稼働でマイニングを行っているのが現状です。

 
マイナーな仮想通貨(=暗号通貨)なら個人のパソコンレベルでもマイニングできますが、
少なくともビットコインはもう個人レベルでは戦えません。
 
 

 

マイニングの種類

 
マイニングにはいくつか種類がありますが、
ここでは代表的な2つ、「Proof of Work」と「Proof of Stake」をご紹介します。
 
ビットコイン マイニング
 
 

Proof of Work(PoW)

Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)は仕事量に対してマイニング報酬を獲得できるマイニング方式です。 

ビットコインはこちらのPoWです。
 

PoWとは仕事量に対してなので、たくさん仕事をこなせる方が有利となります。
 

つまり、たくさんのコンピューターをたくさん稼働させたりしてマイニングを行わないと勝てない方式ですね。
 

PoWはコンピューターを稼働させてナンボなので、
電気代が恐ろしいくらいにかかります。
 

マイニング効率が悪くなると、
採掘できたビットコインよりも電気代の方が高くなってしまう
ということもあり得るので、非常にコストもかかるのがPoWです。
 

Proof of Stake(PoS)

 
Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)とは、保有している通貨枚数に応じてマイニング報酬が分配されるマイニング方式です。
 

ステークホルダーという言葉もありますが、
このステークと同じ意味ですね。

 
仕事量ではなく保有量によってマイニング報酬が分配されますので、
たくさん保有している方が有利になります。

 
PoWのように電気代もかからず、労力知らずなのが特徴的です。
 

 
PoWやPoS以外にも、NEMのPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)など、いくつか種類があります。
 

仮想通貨【NEM】とは?〜ネム・ゼム(XEM)・概要・将来性など〜

2017.10.22

まとめ

マイニングについて改めて解説してみました。
 

それぞれのマイニング方式によって、
その仮想通貨の特徴も表れていたりします。
 

気になった仮想通貨があったら、

「この通貨のマイニングはどんなタイプかな?」

ということを意識してみると、また違った気づきがあるかもしれません。
 

ぜひマイニングに対しても理解を深めてみてください。
 

 

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加