お金はどうやって作られているのか?〜借金から創られるお金、銀行は詐欺?〜

お金 借金




 
先日、LINE@でこちらの動画をご紹介しました。
 


 
10分弱の動画が全5回に分けられている、
お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム(Money As Dept)」という動画です。
 

 
お金がどうやって創られているのか、
というかなり興味深い内容となっています。
 
 

ぽよよ
造幣局で生産されているとか、そういう意味じゃないよ!!
 

 

お金の発行量の限界ってどのくらい?

 

動画の中で衝撃的だった視点の一つに、
お金の総量=人々が借りられる限界の総借金額ということがありました。
 
 
国の負債額が膨大なのはご存知の通りですが、
それがダイレクトにお金の量として関わってくるのですね。
 

動画2の中で例に挙げられている部分がわかりやすいですが、
(車を買うために借金する人のお話し)
まさにマトリョーシカのごとくお金が増えていきます。
 

お金 借金

 

ぽよよ
うーむ・・・
 
 

仮想通貨という新しい概念の可能性

 

動画の中でも言われているように、
現在のマネーシステムでは持続可能な社会を築くことは不可能です。
 
負債としてのお金がループしている中で、
新しいお金の概念が誕生しました。
 

仮想通貨です。
 

2009年にビットコインが誕生して以来、
たくさんの仮想通貨が誕生してきました。
 

仮想通貨全体の時価総額は40兆円を超えて
爆発的に市場規模が大きくなっています。
 

お金 仮想通貨

仮想通貨は、これまでになかった全く新しいお金の概念になりつつあります。
 

最初は怪しいと思われていたビットコインも、
今ではゴールドマンサックスなど大きな証券会社や銀行、
ロシアやドバイなどの国家まで、仮想通貨に着目して新しい試みを実践しています。
 

現に、ビットコインは2017年12月6日時点で
140万円を超えてきています。
 

ビットコイン 仮想通貨

 

ぽよよ
信じられない価格だ・・・
 

1年前は10万円にも満たなかったビットコインが
今ではこんな金額なんですね。
 

金(ゴールド)や芸術作品のように実在するわけでもなく、
いわば1つの電子的な数字でしかないのに、
それが新車のコンパクトカーを購入できるくらいの金額になってきてしまっています。
 

仮想通貨 お金

お金の価値ってなんだろう

 

ここまでくると、

「お金の価値ってなんだろうか・・・?」

と思いませんか?
 

そして、多分大勢の方が気づくのではないでしょうか。
 

お金自体には価値がないということを。
 

 
お金の意味ってなんだろう?

お金ってそもそもなんだろう?

 

仮想通貨を通じて、儲かるとかそれだけじゃなく、
お金について考える良い機会になったらいいなと、
思っています。

 お金 仮想通貨
 
 

Youtube「お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム」日本語訳

  
さて、最初に紹介したこちらの動画ですが、
英語の動画にはなっていますが日本語訳がついています。


 

そこで、あとで内容を振り返ったり、
「ここの部分、なんて言ってたっけ?」
という確認がしやすいように、
日本語訳を載せておきます。
 

1時間近い動画の日本語訳なので、
そこそこのボリュームですが、ぜひ参考にして見てください。
 

「アメリカの実業界において、超大物の何人かの人々は
ある事を恐れている。

彼らは知っている。

どこかにとても巧妙に用心深く、賢く、完全に連結され、
邪道な組織化された恐ろしい力がある事を

そして、それを糾弾する声を出してはならないこともわかっている。

ウッドロー・ウィルソン 元アメリカ大統領」

ムーナイアスタジオ ライフボートビデオプロダクション

いつのあらゆる時代も銀行はローンを作っている
新しい信用貸し、新しい預金、真新しいお金が作られる

銀行がお金を作るプロセスは心が拒否してしまうほど簡単で受け入れがたい

Money as Dept = 負債としてのお金

私たちの生活を支配している2つの神秘はお金と愛だ

愛とは何かという疑問は物語や本、歌、映画、テレビなどによって際限なく探求されてきた

しかし、もう1つの疑問「お金とは何か」については同じような探求はされてこなかった

お金の仕組みをあらゆる超大作映画が教えてくらないことは驚くことではないが、
みんなが通ってきた学校においてでさえほとんど教えられることはない

私たちが「お金はどこからやってくるの?」と疑問を持つ時、
造幣局が紙幣を印刷したり貨幣を刻印している様子が心に浮かぶ

私たちはお金が政府によって作られていると信じている

それは本当だ でも 事実の一端に過ぎない

私たちがお金として考えている紙幣や貨幣は造幣局という連邦政府機関によって生産されている

しかし、大半の莫大なお金は造幣局によって作られているのではない。

それは銀行と呼ばれる民間の会社で毎日とてつもない金額が創造されているのだ

私たちのほとんどは預金者によって預けられたお金を銀行は貸し出していると信じている

だが、それは事実ではない

事実は預金や銀行が稼いだお金を貸すのではなく、
借り手が約束している返済からお金を創造している

ローンの書類への借り手の署名は銀行に対しローン金額と利息を支払う義務を負う

返済できなければ、家や車などを失う制約をさせられるのだ

それは借り手が果たさねばならない大きな約束である

同じ署名が銀行にも必要とされているだろうか?

銀行は借り手の口座にローンの金額をちょっと書き込むだけで魔法を使ったようにその金額を手に入れる。

それって絶対におかしくないか?

でもそれは事実なのだ!

この近代の銀行はの奇跡を説明するためにちょっとした昔話をしよう

ゴールドスミス(金細工師)の物語です。

過去さまざまな時代にいろんなものがお金として使われてきました

それは持ち運びできるものでなければならなかったし、
後になっても衣食住に関わるものに代えることができる

人が「十分に価値がある」と認めるものでなければなりませんでした

貝、ココビーンズ、綺麗な石、羽でさえお金として使われました。

金と銀はとても柔らかく、簡単に加工できるものとして魅力的で地域の人々の中から金属の専門家が誕生しました。

ゴールドスミスはコインを鋳造することによって、取引を簡単にできるようにしました。

このコインは標準化された単位として、重さと純度が保証されました。

そのお金を守るためにゴールドスミスは金庫を必要としました

やがて町の仲間がやってきて、彼らのコインや貴重品を守るための場所を貸してくれるように頼むようになります。

しばらくしてゴールドスミスは金庫をの中を棚ごと貸し出し、金庫貸しとしてちょっとした収入も得るようになりました。

何年か過ぎ、ゴールドスミスはずる賢い観察をしました。

預金者は彼らの金を実際に動かすことは滅多にない

そして、彼らがまとめて一度に金を取りに来ることもない

そこでゴールドスミスは金の預かり証に決済機能を与えた、それがあたかもお金そのものであるかのように街に流通していきました

この紙のお金は重いコインよりとても便利で、支払いの時、
いちいちお金を数える代わりに金額をただ書き入れるだけでいいのです。

一方、ゴールドスミスは金に利息をつけて貸し出すというもうひとつのビジネスを始めました

彼の便利な紙のお金が受け入れられることによって
借り手は金属に代わって金のお金でローンを頼むようになりました。

産業が拡大するにつれて、さらに多くの人々がゴールドスミスにローンを頼むようになりました。

これが彼にさらに良い考えをもたらしました。

彼はほとんどの預金者が金を実際に動かすことがないのを知っていました。

彼は考えました。

彼の持っている金に加えて、預金者たちの金を担保に紙幣を貸すことができるのではないかと

ローンが返済される限り、預金者は何も気づかず、何も悪いことはない。

こうして、ゴールドスミスはもはや金細工職人でも金庫の貸し手でもなく
とても大きな利益を生む銀行家という存在になりました。

何年かゴールドスミスは密かに全ての預金者の金を元手にして金利の良い収入を得ていました。

今やゴールドスミスは傑出した銀行家となり、同じ街の仲間よりも裕福になって
誇らしげにそれを誇示しました。

街の住人たちは彼が預金者の金を使い込んでいるのではないかと疑いを持つようになりました。

預金者たちは集まって、もしゴールドスミスが彼の財産についてはっきりしないならば金を引き出すぞと脅しました

期待とは裏腹に、これはゴールドスミスにとって惨事とはなりませんでした。

彼の計画は生来のペテンにかかわらず、アイデアはうまくいったのです

預金者は何も無くすことはなく、彼らの金はゴールドスミスの金庫の中で安全であったのです。

そこで今度は、彼らは金を引き出すよりもゴールドスミスに金利で得た分け前を支払うように要求しました。

これが銀行業の始まりとなりました。

銀行家は低い利息を預金者に払い、それから高い利子をつけ借り手に貸し出しました。

その差額が銀行にの利益と営業経費をカバーしました。

この論理は簡単で、信用貸しの要求を満足させる理にかなった方法のように思われました。

しかし、これは現在の銀行にが行なっているやり方ではありません。

わが銀行家ゴールドスミスは預金者に分け与えられた金利の後に残った収入だけでは満足しませんでした。

この時代に、銀行家に対する需要は世界的に拡大し、ヨーロッパでは急成長を遂げました。

しかしながら、彼のローンは金庫にある預金者の預金量に制限されていました。

そこで彼は大胆なアイデアを思いつきました。

彼の金庫にある中身のことは、彼以外誰も知らない。

金がなくても紙幣を貸し出すことができるのではないか?

紙幣の持ち主が同時に金の変換を要求することはない。

誰も気付くものはいないだろう。

この新しい計画はとてもうまくいきました。

そして銀行家は実際にはありもしない金の金利によって膨大な富を築くことになったのです。

銀行家が何もないところからお金を作り出すアイデアはとても信じがたい乱暴な不法行為でした。

長い間、この考えを人々は思いつきませんでした。

しかし、お金を発明するその力とアイデアはあなたも想像できるように銀行家をとても喜ばせました。

やがて銀行のローンの大きさと彼の仰々しい富がまた嫌疑を起こさせるきっかけになりました。

何人かの借り手が紙の預かり証を持ってきて、本物の金を要求し始めました。

噂は広がって、突然お金持ちの何人かが彼らの金を引き出す為に現れました。

ゲームは終わりました。

たくさんの紙幣の持ち主が閉じられた銀行にのドアの前に群がりました。

銀行は彼らの持ってきた全ての紙幣に見合う十分な金銀を持ち合わせていませんでした。

これは銀行にの取り付け騒ぎと呼ばれ、全ての銀行家が恐れていることです。

この銀行にの取り付け騒ぎ現象はここの銀行を破綻させました。

そして当然のごとく、銀行の信頼はボロボロになりました。

お金を何もないところから創るには、法律を使うのが1番簡単な方法でした。

銀行家が提供する大量のお金がヨーロッパの産業拡大には不可欠なものになっていたのです。

こうしてお金を創る方法が法律家され、規制化されました。

銀行家は無から創り出すお金の量の規制に合意したのです。

その限界は金庫にある金銀の実際の量より何倍も大きなものであり続けました。

その通常の割合というのは、実際の金が1に対し、虚構のお金は9だったのです。

このような規制が政府の抜き打ち検査によって実施されました。

中央銀行は地方銀行を金の緊急注入を持って支え、それがまた取り付け騒ぎの際に調整として使われました。

1度にたくさんの取り付け騒ぎが起きない限り、銀行の信用貸しはバブルが弾けたり、
システムダウンすることもなくなりました。

2  今日のマネーシステム

長い間のうち、中央銀行に支えられた銀行にネットワークの準備預金制度は世界的に広がりました。

同時に、マネーに対する金の裏付けの割合は着実にしぼんでいきました。

お金の基本の性質が変わったのです。

以前はお金は価値を表していたのですが、現在は負債を意味します。

過去においては紙幣のドルは金銀に交換できる交換券でした

現在では紙幣あるいは銀行口座の数字であるドルは単に他の紙幣および数字のドルに交換できるものでしかありません。

過去には個人的に作られた受領証での支払いを私たちが受け取ることを拒否できたように人々が受け取り拒否できる形で民間銀行の紙幣が存在しました

現在では、民間銀行が作ったお金が政府の認める合法的な不換紙幣となっています。

私たちがお金とみなししているドル、カナダドル、ポンドです。

法定通貨は政府によって作られます。

法律では市民がこの法定通貨を受け入れなければならないと言明しており、
このお金を使わないと裁判所は助けてくれません。

そこで質問です。

もし政府と銀行、両方がお金を想像できるとして、
一体いくらのお金が存在するのでしょうか?

過去には、お金の総量は実際にある金属の総量に限られていました。

例えば、地下の洞窟から新しい金・銀河見つかった場合、
それに見合うお金が作り出されていたわけです。

現在では文字通り、お金は借金として創り出されています。

新しいお金は誰かが銀行からお金を借りると創られるのです

結果として、お金の総額は
人々が借りられる限界の総借金額となります。

アメリカの総負債額
1957年 5兆ドル
2006年 45兆ドル

政府は新しいお金の創造に準備預金制度として知られるルールを
矯正することによって法的限度を設けました

基本的に預金準備率は任意で国ごとに、そして時々変化します。

過去においては、銀行は少なくとも金庫の中の実際の金1ドルの価値に対して10ドルのお金を創造できるのが普通でした

今日、預金準備率は金の保有量に限定されず、
新しく信用創造される金額は銀行が保有する資産によります。

今日、銀行は2つのものから成る資産を持っています。

政府の発行した現金と銀行が中央銀行に預けているお金
プラス、銀行が持っている口座預金の総額です。

これを簡単に説明しましょう。

想像してください。

新しい銀行がスタートしました。

預金者はまだいません。

しかしながら、銀行が資本金から1111.12ドルの現金を保証金のため中央銀行に預けます。

銀行の預金準備率は9:1です。

ステップ1

ドアが開き、新しい銀行は最初のローンのお客様を迎えます。

彼は車を買うために1万ドルが必要です。

新しい銀行は9:1の準備りつで中央銀行に預金があります。

これはハイパワードマネーと呼ばれるもので、

これを元に借りての借金の誓約があれば
9倍の1万ドルものお金を無から創造することが合法的に認められています。

この1万ドルはどこからか持ってきたものではありません。

その真新しいお金は単純に銀行の信用貸しとして
借りての口座にタイプされたものです。

借り手は中古車を買うために銀行クレジットの署名欄にサインします。

ステップ2

それから車の売り手は新しく創られた1万ドルを彼女の銀行口座に預金します。

中央銀行に預金されたハイパワードマネーと違って、
この新しく創られたお金は準備率によって増やすことが出来ません。

その代わり、それはその準備率によって分けられます。

9:1の割合で、新しいローンの9000ドルが1万ドルの預金を元に創造されます。

ステップ3

もしその9000ドルがその後、第三者によって同じ銀行に預金されたとしたら
同じ銀行がつくったものであれ、あるいは違う銀行のものであれ
それは3回目の信用創造の合法的な基礎になります。

今回、信用創造できる金額は8100ドルです。

ロシア人形がその内側にさらに小さい人形が順番に入っているようなものです。

各々の新しい預金が減少しながらも、
次の新たなローンを生み出す元になっていくのです。

もしもローンで創られたマネーが銀行に預けられないならば、その工程は止まります。

それはお金の創造メカニズムにとってあってはならないことです。

しかし実際は、新しいお金は預金され、この工程が繰り返されることによって、
10万ドルまでの新しいお金が創造されることになります。

この新しいお金は全て借金によって創られてたものです。

このような工程が最初に中央銀行に1111.12ドルを預けることによって
合法的に認められているのです。

1111.12ドルは中央銀行に誰にも触られることなく残っています。

しかし、この天才的システムのもとでは銀行の帳簿はその銀行の融資額よりも
預金額の方が10%以上多いことになります。

このことは、一般的な印象として銀行のの融資が預金から出ている
と誤解させ、預金を得ようとする現実的な誘引となっています。

どんな銀行でも単独では預金の90倍ものお金を創れません。

準備預金制度のおかげで創れるのです。

しかも、そのシステムは一つの銀行で創られる信用貸しが
もう一つの銀行の預金となって循環していくのです。

このような工程は一つの銀行にの中で行えるものではありません。

準備預金制度によって、銀行が最初に111.12ドルを中央銀行に預けておくことにより
実際に持っていない10万ドル分の利子を集めることが許されているのです。

銀行は自分で持っていないお金を貸し付ける!

それが奇妙に思われるなら、これはどうでしょう。

各国の中央銀行は預金準備率を規則通り守ってきましたが、
ロビー活動によって最近10年では以前より高くなっています。

あるところでは20:1

30:1も普通のことになっています。

さらに最近では準備預金を膨らますため、ローン手数料を利用することで
銀行は今や完全に準備率の限界を打ち破りました。

ルールは複雑な一方ですが、現実は極めて単純です。

銀行は私たちが借りられる限界までのお金を作ることができるのです。

誰もが潜在意識では銀行がお金を貸していないことに気づいている。

「あなたが貯金をおろすときに銀行はあなたに言わないでしょう。

あなたはお金を下ろすことはできません、なぜならそのお金は誰かに貸してしまっていますから
マーク・マンスフィールド 経済学者 作家」

途絶えることのない造幣局の稼業にもかかわらず、
政府が作るお金は循環しているお金の5%以下にすぎません。

今日、95%以上のお金は銀行に対する誰かのローンによって創られているのです。

なんのことはない、この信用貸しのお金は新しいローンが組まれるにつれて
また古いローンが償却されるにつれて、毎日膨大な量が創られたり無くなったりしています。

「私が残念なのは、一般市民が銀行がお金を創ることが出来るのを知らされていないことである

そして、国家のクレジットを管理する彼らが、政府の政策を指揮し、
人々の運命をどれのように握っていることを
レジナルド・マッケンナ 元英国ミッドランド銀行会長」

銀行は政府の積極的な協力があって、はじめてマネーシステムを行使できます。

最初に政府は私たち国民に認可された国家通貨を使うよう法律を通じます。

次に政府は、民間銀行の信用貸しがこの政府の認めた国家通貨で支払われるように許可します。

3番目に、政府議会、裁判所が債務を強制します。

そして最後に、政府は市民と金融システム機能と信憑性を保護するための法律を可決します。

その一方で、市民に「お金が本当はどこから来るか」については何も知らせません。

明快な真実は、ローンあるいは抵当の書類にサインしたとき、
その支払いは”罰則として資産を提供することで裏付けされます。

万が一、支払えない場合、実際に価値ある資産が没収されます。

その約束を守るというローン契約あるいは抵当が持ち運びでき、交換でき、
売却できる紙片となっているのです。

それは借用証書です。

それはお金という形をした価値を表すものです。

このお金は、借り手による銀行の「ローン」と呼ばれるものが形を変えたものです。

今、この世界において、貸し手がローンを貸すためには何か担保を持っていなければなりません。

もしもあなたがハンマーを必要とするとき、私がハンマーをあげる約束をするだけでは
何の助けにもならないでしょう。

しかしお金というヴァーチャルな世界においては持っていないお金を貸す約束をする銀行には許され、容認されているのです。

「私たちの国家通貨は銀行の思いのままに操られている

銀行はお金を貸すのではなく、自分たちが持っていないお金の供給をただ約束するにすぎない
アーヴィング・フィッシャー 経済学者 作家」

借り手が借金の制約をしたら、銀行は借り手の負債をコンピューターにちょっと入力することで、データを処理して帳尻を合わせます。

借り手の立場から見れば、これはローンのお金となります。

なぜなら政府がそうすることを認定していて、
誰もがそれをおかんとして受け入れなければならないからです。

繰り返しますが、基本的な事実は非常に単純なのです。

借り手のサインした書類がなければ銀行は何も貸し付けることはできないのです。

あなたはどうしてこんな天文学的な負債を誰もが抱えているのかと
今まで不思議に思ったことはありませんか?

あなたは疑問に思ったことはありませんか?

どうしてそんなにたくさんの貸し出しができるお金が銀行にあるのだろうかと?

今、あなたは気がつきました。

そこにはないのです。

銀行はお金を貸してはいないのです。

彼らはお金を借金から創っているのです。

そして、その借金は潜在的に無限であり、それがお金の供給源なのです。

そしてひっくり返せば、そのまた反対の状況も真実です。

私たちは周りにある信じられないほどの豊かな資源、技術革新、生産力にも関わらず
政府、会社、個人、ほとんどが銀行はに対し大量の借金を負わされているのです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

人々が立ち止まって考えさえすればわかるでしょう。

それは一体どういうふうにしてできているんだろう?

どうやったらできるんだろう?と。

現実に世界で実際の富を築いている人々が借金に陥っている。

ただ単に富を表すお金を貸し出す人たちに!

さらに驚くことに私たちがお金とは負債だと一旦気づいたら、
もし借金がないのならお金は存在しないことがわかります。

「私たちの貨幣システムというのは、そのシステムの中に借金がないとしたらそこにはお金が存在しないのです。
マリナー・S・エクルズ 連邦準備理事会 会長」

もしこれがあなたにとってニュースなら、あなたは1人ではありません。

ほとんどの人が想像できます。

もし全ての借金が返済されたのなら、経済は改善します。

それは確かに個人的なレベルで真実です。

私たちのローンの支払いが終わって、もっと使えるお金を誰もが持てたら
一般に使えるお金も多くなるはずです。

しかし現実は、全く反対に使えるお金が全然なくなるのです。

私たちみんなが使っているお金のかなりの部分は
銀行の再信用貸付に依存しています。

ローンがなければ、お金がないのです。

かつて起こった世界大恐慌の時には、ローンの供給が干上がるにつれて
劇的にお金の供給がなくなったのです。

「これはよろめくような現実です。
私たちは完全に商業銀行に依存しています。
現金であれ、クレジットであれ、我々の使っているドルは誰かしらが借りなければ生まれないのです。
もし銀行が十分なお金を創造したなら、私たちは繁栄するでしょう。
そうでなければ、私たちは飢えます。
私たちは恒久的な借金のマネーシステムなしでは絶対に生きられないのです。
誰かがこの状態を完全に理解したとしても、このバカげた悲劇的で絶望的な私たちの立場をほとんど信じられないでしょう。
でも、ここにあるのです。
ロバート・H・片フィル アトランタ連邦準備銀行クレジットマネージャー」

そして、そればかりではありません

銀行はただ元金だけを創造します。

支払うための利息は創らないのです。

それなら、利息はどこからくるのでしょう?

借り手が利息を支払うためにお金を得られる唯一の場所は市場経済の中だけです。

しかし、その全ての紙幣供給はやはり銀行の信用創造によって創られたものです。

ですから、私たちは創られた以上のお金を返済しなければならないのです。

借り手は全体の資金量が元金しかないところから死に物狂いで元金と利息を返済しようとします。

明らかに誰もが元金と利息を返済するのは不可能です。

なぜなら利息というお金は存在せず、単なるヴァーチャルな数字にしかすぎないからです。

ここで大問題なのは、長期ローンや政府の借金で
利息の総額が元金を上回ってしまうことです。

これは利息を支払うための十分なお金が創られない限り、非常に高い確率で
返済できない分の抵当を失うことを意味します。

社会的な破綻を招かないためには、
抵当権が実行される割合を低くすることが必要です。

そして、これを成し遂げるためにはさらなる新しい借金が以前の借金の利子を払うために
創らなければなりません。

しかし、これはもちろん全体の借金を大きくすることになります。

そして結局、もっと多くの金利を支払わなければなくなり、
結果的に山のような借金の渦から逃げられないことになります。

新しくローンとして創造されたお金が全体的な不足分に追いついている間だけ、
システムの破綻を間逃れているにすぎません。

しかしながら、銀行の飽くことを知らないクレジットの化け物は次第に大きくなっています。

さらに、さらなる借金を創る必要性が緊迫しています。

なぜそんなに利息が低いのですか?

なぜ頼んでもいないクレジットカードを郵便で受け取らなければならないのですか?

なぜアメリカ政府は以前より支出を早めているのですか?

それは全体の貨幣システムの崩壊をかろうじて食い止められますか?

道理をわきまえた人は尋ねなければいけません。

これは実際、永遠に続くのですか?

崩壊は避けられないのですか?

「私たちの準備預金制度について、ひとつ十分に理解しなければならないことは
子どもの椅子取りゲームのように音楽が流れている限りはそこには敗者は生まれないことです。
アンドリュー・ゴーズ 歴史家」

お金は商業生産を促進します。

貨幣供給が増加するにつれて生産と取引量が同じように成長しない限り、
お金の価値が下がってインフレになります、。

また、年3%の経済成長をしている時、私たちは経済が一定のレートで成長していると思っていますが、それは違います。

それは、今年の3%は昨年の3%より商品とサービスが増加していることを意味します。

毎年新しく3%が積み重なるのです。

グラフは直線的ではなく、叙情に急勾配を上昇する急激なカーブを描きます。

これを実現するには、実物経済の永久的な成長が必要で、
それには世界の資源とエネルギーを永久に拡大して消費する必要があります。

さらに、自然資源から取られた原料が毎年毎年永遠にゴミになっていきます。

貨幣システムを崩壊から防ぐためにです。

「とんでもない成長がこの世界で永遠に続くと信じているものは、
キチガイか経済学者くらいでしょう。
ケネス・ポーディング 経済学者」

私たちはこの紛れもなく恐ろしい状況に対して、何かできるでしょうか?」

ひとつは私たちはお金に対して、まったく異なった概念を持つことが必要です。

資源と技術の不足はあります。

しかし、なぜお金の不足がなければならないのですか?

多くの人々が自分自身と政府に問いかけるときが来ています。

4つ質問があります。

世界中の政府が民間の銀行から利息付きのお金を借りています。

政府の借金は全体の借金の主要部分を占めており、
私たちから税金を取って借金の返済に充てています。

いま私たちは銀行が借金からお金を創り、政府がそれを許可して権限を与えていることを知りました。

そこで最初の質問です。

なぜ政府は必要なら自分たちで利子のないお金を創ることができるのに、
民間の銀行から利息付きのお金を借りることを選択したのでしょうか?

第2の大きな質問です。

いったい何故、負債としてだけお金を生み出すのでしょう?

なぜ永久に流通する金利付きで借りなくても良いお金を創らないのでしょうか?

3番目に

どうしたら永遠に成長し続けなければならないマネーシステムで持続可能な社会を築くことができるでしょうか?

永遠の経済成長と環境を持続可能にすることとは
両立しがたい論理ではないのですか?

そして最後に、

永遠に経済成長しなければならない現在のシステムとは何なのですか?

持続可能な経済に転換するために
どういう変化が必要なのでしょう?

金貸し

たくさんの金利をローンにつけることは高利貸しと呼ばれ
かつては死刑を含む厳しい刑罰が課されていました。

主要な宗教は、みんな高利貸しを禁止していました。

習慣に関する議論の大部分は道徳的でした

お金の目的はモノやサービスの交換を容易にするものと信じられていました。

お金からお金を創る行為は泥棒、あるいは寄生者の行為とみなされていました。

しかし商業の増大に信用貸しが必要になるに連れて、
貸すことは貸し手にとって危険と損失を伴うのだから
貸すことによって利益を得ようとするのは正当だとされました。

今日これらの概念は奇妙に思えます

今日、お金からお金を創るという考えは理想として目指すべき姿だと思われています。

なぜあなたは働いてお金を稼ごうと働くのですか?

しかし持続可能な未来を思い描くとき、
利息を課すことは非道徳的で問題があることは明らかです。

何世紀もの間、存続できる社会と経済を想像してみてください。

資源の蓄えを浪費する代わりに
1日に得られる資源の範囲内で生活することを

地球が生産できる以上の資源を無駄に使うことはやめましょう。

太陽や重力、地熱、磁気、その他、全てのエネルギーは再生可能です。

再使用し、全てをリサイクルすることによって、資源の再生可能な範囲内でのみ
この社会は持続可能です。

人は死んだり生まれたり、人口は自然に置き換わっています。

そんな社会は、永遠の経済成長を必要とするマネーシステムを使っていては
決して実現しないでしょう。

少なくとも、崩壊することのない、安定したお金の供給を必要とするでしょう。

この安定したマネーサプライの総容量は地球による生産量の範囲内であるべきです。

また、金貸したちが実際に貸すためのお金を持っていると仮定しましょう。

もし、その貨幣で銀行家たちが利息付きの貸し出しを始めたとしたら
やはり彼らは儲かり成長するでしょう。

もし彼らが利息で稼いだ全てのお金を再び貸し続けるならば、
どんな結果が起こりますか?

それが金貨か借金のお金かは問題ではなく、
金貸したちは全てお金をものにしているのです。

そして、閉鎖や破産が起こされた後で、また彼らは本物の財産を手に入れるわけです。

全住民の間で、貸出金利の収益が均一に分配された時だけこの問題は解決します。

銀行利益への重税はこの目標を解決に導くかもしれません。

しかし、そうするとなぜ銀行はビジネスすることを望むのでしょう。

もし私たちが現状から自由になることができたとしたら
銀行の金利収入を全ての人々に配当として分散させることを想像できるかもしれません。

「論理と根拠を持って連邦政府が自分のお金を借りていることを正当化できる人間にあったことはない。
人々がこれを変えることを要求する日がやってくることを私は信じる。
この国においてバカげたシステムが続いていることを許しているくせに、怠惰に座っている議会員、あなたや私が責められる日がやってくると私は信じる。
ライト・パットマン 民主党議長(1928-1976)、銀行通貨委員会(1963-1976)

もしそれがシステムそのもの構造的な問題だとしたら、
システムをヘタにいじくりまわしても問題は解決できないでしょう。

システムそのものが置き換えられなければなりません。

金には信頼性の長い歴史があると主張して、
多くの通貨の評論家が金に基づいたお金に戻るべきだと述べています。

しかし彼らは、金によって行われる多くの詐欺行為を無視しています。

コインを軽くしたり、金属の質を下げたり、市場を独占したり、
これらは古代ローマ帝国から行われていて、
帝国滅亡の一因にもなりました。

あるひとは金よりも豊富にあり、独占を困難にする銀を薦めています。

貴重な金属を再び使うことには、多くの疑問があります。

誰も重いコインのサックを持って、買い物に行くことなど望みません。

紙、デジタル方式、プラスチック、あるいはバイオIDマネーが
私たちが今持っている制限のない借金を創るための媒体となっているのは確かなことです。

でも、それを飛び越えて、もしゴールドが再びお金のお合法的な基礎となったら、
ゴールドを持っていない人たちは突然まったくお金がなくなってしまうでしょう。

他の貨幣改革論者は強欲や不誠実が主要な問題であり、
正直で公正なマネージステムを創るには、金や銀に戻るよりも良い方法があるかもしれないと述べています。

創意に富む心はお金を想像する代わりの方法の多様性を提唱します。

多くのプライベートな交換取引システムが銀行がやるように借金のお金を創造しています。

それらは金利を課すことなしに公然と行われています。

ひとつの例として、史観をお金の単位として使うパーターシステムとしてタイムダラーがあります。

全ての仕事が作業時間によって等しく評価され、
その時間が商品のドル価格と同じように認められます。

この種のマネーシステムは、やる気があって信頼できる参加者を見つけられれば
そして会計の手法を少し工夫すれば誰でも構築できます。

地域のパータシステムを構築することは
例えそれが今ほとんど使われていなくても、あらゆる地域社会において緊急な課題となるでしょう。

貨幣改革、選挙改革、

選挙改革のような貨幣改革は大きなトピックであり、変化への意欲と既存の概念にとらわれない考え方を必要とします。

また貨幣改革は選挙改革のように簡単にはいきません。

なぜなら、既得利益を守るために彼らは懸命に阻止しようとするからです。

お金はただのアイデアであり、現実のお金は何であれ
私たちも創ることができることを見てきました。

ここに熟慮すべきひとつのお金の簡単な代替案があります。

このモデルは過去に英国やアメリカで機能してきたシステムに基づいています。

銀行家ゴールドスミスたちと彼らの準備預金制度によって、
蝕まれ破棄されてきたシステムです。

永続する金利のないお金を基礎にした経済を創るために
お金は政府によって創られ、使われなければなりません。

経済を促進させる道路、鉄道、橋、港、市場のような
社会インフラ整備に使われるのが好ましいでしょう。

このお金は借金によって創られるものではなく、
価値として創造されるものです。

その価値は何であれ、費やされた後、形として残るものです。

もしこのお金が必要性に応じて創られ、取引高に応じて容易に増減できるならば
インフレなど決して起こりません。

もし、これによってインフレが起こったなら、2つの有効な方策があります。

インフレはお金に関して一律税の効果に等しいものです。

お金の価値が20%落ちるのも、政府が私たちに20%の税金を取るのも
私たちの購買力に対する効果は同じです。

このように見れば、必要な費用をまかない、限度を超えない限り、
課税に代わるインフレーションも許容できるかもしれません。

あるいは、政府は過剰なお金を税金として徴収し、お金の供給を減らして
その価値を復元するというインフレ対策を行うこともできます。

賃金や物価が下落するデフレをコントロールする場合は、
政府は支出を増やし、お金の供給を増やします。

民間銀行間の貸出競争がなければ、政府は国家のマネーサプライをもっと効果的にコントロールできるでしょう。

事態が悪くなったなら、大衆は誰が批難されるべきかもわかるでしょう。

お金の価値を変動させずに保つことは政府の責任となるでしょう。

政府は今おこなっているように税金も補助的に徴収しますが、
民間の銀行家たちに利息を払う必要は無くなります。

連邦政府が必要なだけのお金を創るなら、国家に借金は存在しないでしょう。

銀行が財政赤字の利払いを通じて、私たちを永久に隷属させることは不可能になるでしょう。

「お金は奴隷の新しい形です。
それは人格を持たないことから、特別扱いされてきました。
主人と奴隷の間に、人間的関係などないのです。
レオ・トルストイ」

「目に見えない力

自分は自由だと誤って信じているものは、奴隷以下である。
ゲーテ」

私たちが民主主義や自由として教えられて信じてきたことは、
実際には巧妙で目に見えない形の経済的独裁でした。

私たちの社会全体が銀行の信用貸しによる貨幣供給に頼っている限り、
銀行家はお金を、そして社会をコントロールする力を持ち続けるでしょう。

「近代の銀行システムは何もないところからお金を創造します。
その過程はおそらくかつて発明されたものの中で
最もびっくり仰天するような巧妙なものです。
銀行は不正の中で妊娠し、罪の中で生まれました
銀行は地球を所有しています。
彼らからそれを取り上げよう。
彼らからお金を想像することをやめさせよう。
しかし、彼らはペンをちょっと走らせるだけで、
またそれを取り戻す十分なお金を創るでしょう。
この強力な力を彼らからもぎ取ろう。
そうすれば鉱山のような大きな財産は消えるでしょう。
彼らは消え去るべきなのです。
そうすればより良い、より幸せな世界になります。
しかし、もしあなたがこのまま銀行に対し支払いを続け、奴隷のままでいるなら
銀行家たちはお金を創造し続け、クレジットを支配し続けます。

ジョシア・スタンプ卿 イングランド銀行総裁(1928~1941)
当時イギリスで2番目の財産家」

「植民地の無力な人たちがジョージ3世の手から永久に自分たちのお金の発行権を獲得しようとして、国際銀行家たちとの間で起こったのが独立戦争の主な理由だったのです。
ベンジャミン・フランクリン」

今日、ほとんどの人が気づいていないことがあります。

1776年の革命以来、米国の歴史は大部分において欧州の国際銀行家による支配との自由を得るための闘争であったことを、この苦闘は結局1913年に忘れられました。

ウッドロー・ウィルソン大容量が連邦準備制度理事会条例にサインしたのです。

アメリカのお金の創造権利が国際銀行カルテルに引き渡されたのです。

「私はもっとも不幸な人間です。
私はうっかりして、私の国を滅亡させてしまいました。
大きな産業国家はその国自身のクレジットシステムによって管理されています。
私たちのクレジットシステムは一点に集結しました。

したがって、国家の成長と私たちの全ての活動は、ほんのわずかの人たちの手の中にあります。
私たちは文明化した世界においての支配された政府、
ほとんど完全に管理された最悪の統治の国に陥ったのです。
もはや自由な意見による政府、信念による政府、大多数の投票による政府はありません。
小さなグループの支配者によって拘束される政府と化しました。
ウッドロー・ウィルソン」

このシステムの力は深く浸透してしまっていて、この件に関して教育やマスコミは沈黙しています。

何年か前、カナダの総理が路上で普通の常識を持った人々と、
高等教育を受けた専門職の人々、両方を調査しました。

そして誰ひとりとして、お金がどのようにして創られるか
正確には理解していなかったのです。

事実、銀行の第一線にいる従業員を含むほとんどの人が、
この問題について考えたこともないのです。

あなたは?

「アメリカで起こる紛糾、貧苦、混乱の全ては憲法や連邦の欠陥ではなく、
美徳や名誉をよくすることからくるものでもなく、
紛れもなくお金、クレジット、流通手形の本質を知らないことが原因なのです。
ジョン・アダムズ アメリカ憲法の父」

現代の借金によるマネーシステムは300年ほど前に生まれました。

イングランド銀行が王室から特許状を与えられ、
2:1の穏やかな比率で金の受領書を発行した時です。

このささやかな割合が、悪夢の始まりだったのです。

そのシステムは今、世界中に及んで、無限のお金を無から創造し、
地球の誰もが永遠に決して払うことのできない膨張する借金の鎖で繋がれています。

これは偶然に起こったものでしょうか?

あるいは陰謀?

明らかでしょう。

私たちはとてつもなく大きい危険にさらされています!

「私たちの国において、お金をコントローする者が産業や商業の頭となっています。
あなたがシステムの頂点にいるほんのわずかな力ある人間によってとても簡単に
管理されていることに気づく時、如何にしてインフレや不況が起こされてきたかを知るでしょう。
ジェームズ・A・ガーフィールド 元アメリカ副大統領」

「政府は消費者の購買力と政府の消費力を満足させるために、
必要とされる全ての通貨やクレジットを創造、発行、そして流通させるべきであります。
これらの法則の採用によって、納税者は膨大な金利の支払いから救われるでしょう。

通貨の創造・発行の特権は唯一政府の至高の特典であるだけでなく、
政府によるもっとも偉大な有意義な機会なのです。

アブラハム・リンカーン 暗殺された元アメリカ大統領」

「通貨とクレジットの管理が政府に変換され、そしてそれがもっとも際立った神聖な責任として認められるまで、議会主権と民主主義について話すことは無効で無益なものである。
一旦、国がクレジットの管理を手放したなら、
国の法律を誰が作るとかは問題ではない。
一度、高利貸しの手に入ってしまったら、どんな国でも破壊されてしまうだろう。
ウィリアム・リオン・マッケンジー・キング 元カナダ首相(カナダ銀行を国営化した)」

ほぼ40年にわたって、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、タイムマガジン、
そしてその他、偉大なる出版社の取締役が我々のミーティングに参加してくれ、
公表しないで静かにしてくれていたことに感謝している。
それらの年月の間、もし我々が世間の注目の明るい光の中に出ていたなら
我々の計画を発展させることは不可能だったろう。

しかし世界は、今さらに洗練されて世界政府に向けて更新する準備は整っている。
その超国家的な知的エリートと国際銀行家の支配力は
確かに過去の世紀の国家が自分で決めていたやり方より望ましいものか
デヴィット・ロックフェラー 1991年 三極委員会の演説にて

「唯一、小さな秘密は保護される必要がある。
とても大きな秘密は大衆の疑い深さによって公開されずに保たれるものだ
マーシャル・マルクハン・メディア 導師」

負債としてのお金(Money as Debt)

 
良いマネーライフを!!
  

時間価値を上げることに注力する〜お金と時間の互換性〜

2017.09.25

明日は我が身、いかなるリスクにも備えていますか?〜僕が投資をする理由〜

2017.11.04

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加