DAICOを採用した初のICO「ABYSS(アビス)」とは?〜ビデオゲーム市場の仮想通貨〜

ABYSS DAICO ブロックチェーン




どうも、ぽよよです。
 

今回はICOである「Abyss(アビス)」について紹介していきます。

ぽよよ
ABYSSはDAICOを採用する初のICOということで注目されています!
 
 

ABYSS (アビス)とは?

 
ABYSSブロックチェーンを活用したビデオゲーム業界における次世代のデジタル配信プラットフォームです。 

ABYSSプラットフォーム上でビデオゲームなどのコンテンツを提供します。

 

ビデオゲーム業界は市場としても伸びており、
この市場をABYSSは狙っていきます。

ABYSS アビス 仮想通貨 

このABTSSプラットフォームでは、F2PブラウザやクライアントMMOゲームに加え、
クリプトゲームにも対応させます。
 

MMOとは、「Massively Multiplayer Online」の略称で、
大規模多人数型オンラインのことをいいます。
 

 

ゲーマーのマルチレベル紹介システム

 
マルチレベルというとMLMを連想する方もいるかもしれませんが、
イメージは似ているでしょう。
 
ABYSSは画期的なマルチレベル紹介システムと、
モチベーションをあげる要素を備えています。

 
ABYSSに参加しているゲーマーはゲーム内での活動による対価や他のゲーマーが支払ったコストから
分け前をもらうことができます。
 
ABYSS ICO アビス

 
マーケティングを開発者側ではなくゲーマーたちが担うことにより、
開発者はマーケティング費用を削減することが可能となっているわけです。
 

ぽよよ
ゲーマーの口コミでゲームが広がるのは面白いかも。
 
このシステムによって、ゲーマーも開発者もそれぞれメリットがあります。
 

ゲーマーのメリット

  • 個人レベルの紹介プログラム
  • 各業績からの収益
  • 作成されたコンテンツの収益化
  • 支払われたトークンを自分のイーサリアムウォレットで受け取ることができる
  • など。

開発者のメリット

  • 個人レベルでの紹介プログラム
  • プロジェクトの開発時にターゲットとコンテンツを作成するユーザー
  • 特別なゲーム統計へのアクセス権利
  • 多言語カスタマーサポートの設置
  • 内部・外部のトラフィックを取得するテクニック

など。
  

ABYSSトークン

すでにゲーマーへの報酬などのお話しが出てきていますが、
ABYSSプラットフォーム上でやり取りされるのがABYSSトークンとなるわけです。
 

ゲーマーへの支払いや、収入などはABYSSトークンを使って行われます。
  
ユーザーがABYSSトークンでゲームを購入する場合は割引が適用されるみたいです。

ぽよよ
割引になるならみんなABYSSトークンを使いたくなるのかな??

こちらがABYSSの公式ページにある全体像です。
 
ABYSS 仮想通貨 ICO
 




  

イーサリアムのヴィタリック氏考案の「DAICO」とは?

仮想通貨をやっている方なら、ヴィタリック・ブテリンという名前を知っている方も多いと思います。

若くしてイーサリアムを開発した人物です。

そのヴィタリック氏が考案したシステムがDAICOです。
  
DAICO ABYSS ブロックチェーン

DAICOという名前は

「DAO」+「ICO」=「DAICO」
 
に由来します。

 
DAOとは非中央集権で自立した分散型組織のことを指します。

ICOは言わずもがなですね。

 
つまり、これまで各事業者などが中央集権的にICOを行ってきましたが、
DAICOによって分散型で自立したICOを行うことが可能になるのです。

 
この画期的な仕組みであるDAICOを利用した初のICOがABYSS(アビス)なんです。
 
 
ICOは各実施者が管理していたので、
キャップの管理やトークン配布などを独自に確認したりシステムを作って行っていました。

Travelflex(トラベルフレックス)も1つ1つの送金を手動で確認していたためにTRFコインの配布に時間がかかってしまいましたが、
DAICOが普及すればこういった問題も解消されていくことが期待できます。
 
ABYSS ICO 仮想通貨 

 
具体的には、ICOの実施者がDAICOコントラクトを作成します。

その際に、キャップの設定やKYCの設定、ICO終了後のトークン配布などを決めて
システムを稼働させます。
 

それを利用することで、投資家も実施者も安心してICOを行うことができるわけです。

ぽよよ
ICOも分散型になってくるのか〜。

 
これが普及したらかなりすごいことになりそうですね。

ICOの詳細

 
ABYSS DAICO 仮想通貨

こちらはABYSSのICOについての詳細です。

  • トークン販売期間 : 2月7日〜4月1日
  • ※追記
    ICO開始が1ヶ月延期され、3月7日からICOとなりました。(参照)

  • 価格 : 1ETH = 5000ABYSS1ABYSS = 0.24USD
  • ソフトキャップ : 5,000ETH
  • ハードキャップ : 50,000ETH
  • ボーナス : 1日目は25%、2日〜7日目は15%、8日〜22日目は10%、23日〜40日は5%
  •  
    ちなみに、最低投資額は0.01ETHで、1日あたりのMAX投資額は10ETHです。 
     

     
     
    最低キャップが設定してあるのは当然ですが、
    最大投資額が設定してあるのは珍しいし、
    ましてや10ETHだとかなり少額ですね。

    8日目以降は上限がなくなっていたので、キャップ制限はあまり昨日しないかもしれないですね。
     

    大口投資家はものすごい大金をICOに入れたりしますが、
    それができません。
     

    しかし、これも小口投資家としてはメリットなんです。

    なぜなら、上場後の大口投資家の利確売り(売り浴びせ)が減ることが予想でき、
    小口投資家からしたら大口投資家の波に飲まれるリスクが減るわけです。

     
    これ、ABYSS自身もこうやってくれるのは、
    僕たち個人からしたらありがたいですね。

     
    ICOが延期されたことによって概要が結構変わったので、
    ABYSSを購入しようと思っていた方は改めて確認してみてください。

    ABYSS ICO 仮想通貨

    登録方法

    ABYSS(アビス)の事前登録について、
    簡単に紹介しておきます。

    • ホームページからREGISTERをクリック
    • ABYSS ICO 仮想通貨
    • メールアドレスとパスワードを入力して登録します。
    • アビス ABYSS ICO
    • 届いたメールを確認し、アカウントをアクティブにします
    • Abyss ICO 仮想通貨
      ぽよよ
      これでアカウント登録はOKです!

      これで事前登録は完了なので、
      2月7日を楽しみに待ちましょう。

       

      まとめ

      イーサリアムのヴィタリック氏が考案したDAICOを初めて採用してICOを行うということで、
      ABYSSは注目を集めています。

      ABYSSの内容も大切なのですが、
      今回はDAICOへの注目度の方が高い気がしますね。

       
      最大投資額も10ETHですので大口は参加が難しいですから、
      少額だけで参加してみても面白いかもしれません。

      ぽよよ
      僕も面白そうなので少額だけ投資してみる予定です!




オススメの国内取引所3選!!!


最大手の安心感!
ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内最大手の取引所で、3大メガバンクやリクルート、三井住友海上など名だたる企業が株主になっている取引所。
ビットフライヤーFXも人気で、出金も迅速。
登録がまだの方は必ずアカウント開設をしておきましょう!!

ビットフライヤーへの登録はコチラから

将来性のある仮想通貨が豊富!コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
アプリも使いやすいと評判で、有望な仮想通貨のラインナップも豊富!
ビットコイン以外の将来性のある仮想通貨がたくさんあるので、欲しい通貨が出てきた時にすぐ購入するためにもアカウント開設推奨です!!

コインチェックへの登録はこちらから

手数料最安!2つの取引所とは違う持ち味のZaif(ザイフ)

ビットフライヤーとコインチェックに比べて、手数料を安く抑えることができるのがザイフです!
扱っている通貨数も豊富で、将来性のある通貨やトークンが揃っています。
仮想通貨ドリームを味わいたいならザイフの開設は必ずしておきましょう!!

Zaif(ザイフ)への登録はこちらから

ぽよよ
LINE@も登録してね!!いち早く情報が届くかもᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

友だち追加