ビットコインFXで養分にならないためのお約束条項!〜この6項目を厳守すれば退場はないはず〜

ビットコインFX テクニカル分析 やり方




どうも、ぽよよです。
 

仮想通貨は2018年は下がる一方で、厳しい戦いを強いられていますね。
 

そんな中、上げ相場も下げ相場も関係なく利益を出せるのがFXです。
 

こんな相場なので、ビットコインFXを触っている人も多いですよね。
 
 

ぽよよ
私もボラティリティがある時はビットコインFXメインです。
 
 

利益を出している人がいる一方・・・

 
界隈を見渡していると夏前くらいからかな?

ビットコインFXが熱を帯びてきて、今ではTwitterのタイムラインの半分はFXネタなんじゃないかって感じになってますね。
 

それだけチャンスがあるし、利益を出している人が多いのは事実だと思います。
 
 
ただ、一方でビットコインFXにチャレンジして残念ながら丸焼けになる資金を失った人もたくさんいます。
 
 
 もしかしたら、これを読んでくれている方で心当たりがあるのではないでしょうか??
 
 
かくいう私も、ビットコインFXや為替FXで焼かれた経験は当然あります。
 
 
ただ、最近はコツコツとルールを守ることにより、着実に利益を重ねることができるようになってきました。
 

これはテクニカル分析の腕前が上がったからとかではなく、
圧倒的にメンタル面の向上が効いていると思っています。
 
 
FXで勝つためには大きく分けて2つのものが必要です。
 

それが、トレード力とメンタル力
 

どっちも大事ですが、どんなにトレードスキルがピカイチな人でも、
メンタル力がなければ継続して成果を出すのは不可能でしょう。
 
 

逆に言えば、トレードスキルがあまりない人でも、
メンタル力さえしっかり身につけておけば退場することはなかなかないと思います。
 

そこで、今回は「養分にならないためのお約束条項」と題し、
ビットコインFXをやっていく上で大切なことをまとめていきます。
 
 

第一条 – ハイレバレッジ禁止

 
ビットコインFX レバレッジ イナゴ

はい、まずはレバレッジについてです。
 

FXは信用取引なので、レバレッジという便利なシステムが利用できますね。
 

自分がデポジットした資金以上の金額を取引することができるため、
少資金から大きく増やすことが可能になっています。
 
 
ただ、これはもろ刃の剣であるということは心得ておかなければなりません。
 
 
ビットコインFX 為替FX テクニック
 
 
 
資金が増やしたいということは、
マイナスに振れた場合は資金の減るスピードが早いということです。
 
 
 
すぐに退場してしまった方は、レバレッジ何倍でやっていましたか??
 

ぜひ自分のレバレッジを見直してみましょう。
 
 

適正レバレッジはどのくらい?

 
「じゃあどのくらいのレバレッジでやればいいんだよ?」

と思う方もいるでしょうから私の見解を少し。
 

レバレッジはその時の相場やトレードスタイルによっても変わってくるので一概には言えません。
 

特にビットコインFXはボラティリティの差がかなりあります。
 

11月後半からのボラが大きい時だと、ハイレバしたらすぐ焼かれることでしょう。
 

なので、今くらいのボラなら2~3倍くらいまで、MAX5倍でも多いかな?くらいのイメージでいいと思います。
 
 
10倍超えると大きいですね。
 
 
私はたまに10倍くらい積む時もありますが、
本当に損切りラインが浅くて目線が違ったらすぐに損切りできるときくらいしかやりません。

 
基本は1~3倍程度でやっています。
 
 

クロスマージンか分離マージンか

 
BitMEXではレバレッジを好きに設定できる分離マージンと、証拠金全てを使用するクロスレバレッジがあります。
 

クロスの場合、ロスカット=丸焼けになるので特にレバレッジには注意しましょう。
 

分離マージンの場合は使用証拠金の調整次第なので、こちらに関してはハイレバもOKだと思います。

 
使用証拠金でリスクヘッジができますし、分離マージンの場合はロスカットしても使用証拠金だけなくなるので、
最大の損失も計算できますからいいですね。
 

ちなみに私は基本的にクロスマージンでやっています。
 

分離マージンを活用して、

「局所的に100倍レバ!!」

とかは悪くないと思いますよ。
 

初心者の方でよくわからない!という場合は、
ひとまずクロスマージンでレバレッジ1倍以下になるよう注意しながらやってみるといいのではないでしょうか。
 
 

為替FXのXMは888倍でOK


 
為替FXでは使いやすいXM(エックスエム)をオススメしていますが、
こちらの場合は最大レバレッジの888倍でOKです。
  

【最新】XM(エックスエム)の口座開設・登録方法を画像付きでわかりやすく解説

2018.10.07

為替の場合はロットだけ注意すれば問題ないので、
そこはご安心ください。
 

もちろん、為替でもロットを積みすぎたら焼けますのでそこだけは気をつけましょう。
 
 

第二条 – ロットを積みすぎない!

 
ビットコインFX 退場 こつ

こちらは先に挙げたレバレッジについてと関連する部分ですが、
当然ロットを積みすぎるとマイナスに行ってしまったときのダメージが大きくなりますので、
退場への近道になります。
 
 
そして、ビットコインFX(BitMEX)で注意しなければならないのは
証拠金がビットコインなのにドル建てでロットを積むという点です。
 

どういうことかというと、例えば同じ1万ドルというロットを積む場合もそのときのビットコインのレートによって
重みが変わってくるんです。
 

ビットコイン価格が1万ドルの時に1万ドルを積んだらレバレッジは1倍になりますが、
ビットコイン価格が5,000ドルの時に1万ドルを積んだらどうでしょうか?
 
同じ1万ドルというロットでも、ビットコイン価格が1万ドルの時に比べて2倍のロットを積んでいることがあります。
 

これは知らない間にやりがちなので、ビットコイン価格が大きく動いた際は注意しましょう。
 

特に11月にはビットコイン価格が6,000ドル台から4,000ドル前後まで下落しているので、
それまでと同じようにロットを積んでしまうと自然と積みすぎになりがちとなります。
 
 
なので、BitMEXでトレードする場合は
BTCを何枚積む」という発想を持って、それに応じたドル数を持つようにするといいと思います。
 
 

第三条 – 利確と損切りを徹底する

 
BTCFX やり方 方法

これ、頭ではわかっているけど実践できないんだよなって方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 

利確も損切りも大事ですが、特に苦戦するのが損切りです。
 

損切りは自分のマイナスを確定させる行為であり、
なかなか受け入れがたいものでもあります。
 

「自分が間違っていました、損失を受け入れます」 と認めるもので、
ある種の自己否定的な要素も入ります。
 

が、これができなければ絶対にFXで利益を上げていくことは不可能です。
 

では、損切りをするためにはどうしたらいいのでしょうか?
 
  

損切りは友達であり、成功に必要不可欠である

  
 
大前提として、どんな凄腕トレーダーでも全焼することは不可能です。
 

勝つときもあれば負けるときもあります。

これはどんなトレーダーにも共通していることでしょう。

 
では、なぜ収益に差が出てくるのかというと、
利益を積んでいるトレーダーは「負けはできる限り小さく、勝ちはできるだけ大きく」を守っています。
 

ぽよよ
言葉でいうのは簡単なのですが、これが意外と難しいんですよね。
 
 
勝ってるトレーダーは損切りも躊躇なく行うことができ、
損切りが勝つために必要なものであることをよく知っています。
 

だからこそ、損切りを徹底したトレードを実践することができ、
退場することもありません。
 

退場しなければ必ずチャンスも来ますし、
戦っていくうちに力もついていきます。
 
 
 
なので、損切りが苦手な方は

損切りはお友達

と思いましょう。
 

難しいかもしれませんが、損切りは悪いものではなく、
生き残っていくために必須と割り切って、感情を入れずに淡々とやっていきましょう。
 
 

シナリオを立ててトレードをする

 
これも損切り、利確を徹底するために必要です。
 

なんとなくポジションを持ってしまうと、
どこで利確・損切りをしたらいいのかわかりません。
 
 
これをやってしまうと、なんとなく持ったポジションで丸焦げになることだってあり得ます。
 
 
ポジションを持つ際は必ず利確ポイントと損切りポイントのイメージを持ってエントリーしましょう。
 
 

そして、そのポイントに達したら感情に左右されずに淡々と利確・損切りをしましょう。
 

利確ポイントに達して

今は含み益だけど、まだ伸びるんじゃないか?

とか

損切りポイントに到達したけど、反発して戻すんじゃないか?

と思って予定よりも長くポジションを持ったりイメージを変更してしまうと、
結果的に大火傷に繋がります。
 

柔軟に対応できる凄腕トレーダーならいいですが、
特に初心者の方は徹底して利確・損切りをすることをオススメします。
 
 

リスクリワードの悪いトレードはしない

 
ポジションを持つことに付随してですが、
利確と損切りのポイントを決めてエントリーできれば、
自然とリスクリワードもわかりますよね。
 

リスクリワードについてはこちらの記事で解説しています。

リスクリワードとは?〜FXや仮想通貨トレードでも絶対に知っておくべき知識〜

2018.10.27

リスクリワードの悪いトレードをすると、自ずと結果も厳しいものになります。
 

エントリーする際は一呼吸置いて、

このトレードのリスクリワードはどうだろうか?

というのを考えてみてください。
 
 

第四条 – イナゴしない

 
イナゴ ビットコインFX 勝ち方
 
はい、心当たりがある方は挙手してください(笑)
 

イナゴとは昆虫のバッタのことですが、
稲穂に群がるバッタのように、値動きしたチャートに飛び乗る投資家のことを指します。
 

つまり、FXでいうなら急騰したらロングする、鬼下げしたらショートする
というトレーダーのことを言いますね。
 

すでに値動きしてしまった場合、リスクリターンのバランスが悪いことが非常に多いです。
 
 
大きく値動きした場合、当たり前ですがその前に仕込んでいるトレーダーだってたくさんいます。
 

そこに群がってポジションを持つということは
まさに大口様の思うツボになることがあります。
 

もちろん、自分で根拠を持ってポジションを持つならいいんです。

 
「ここの水平ラインをブレイクしたらインしよう」

と思っていたりとか、そういうシナリオを持ってのトレードは全然OKです。
 

ただ、単純に値動きしたものについていくだけのトレードは絶対にやめましょう。
 

FXは何回でもいくらでもチャンスはやってくるので、
そういう時を逃してしまったら静観して、次のチャンスを待つのが吉です。
 
 
 

上がってからの買い増し、下がってからの売り増しも注意

 
さらに、値動きの前に予めポジションを持って仕込んだとしても
値動きの後に「もっとロットを積もう」と思ってイナゴ的に買い増し・売り増しをしてしまう方もいます。
 

もちろん、これもしっかりとした根拠があればいいのですが、
基本的にはしないようにしましょう。 

これをやって逆ポジに行った場合、ただ建値を不利にして利益を削る行為になります。
 

上がってからの買い増し、下がってからの売り増しは利益を削る行為だと認識しても良いくらいです。
 
 

第五条 – 寝ポジ・指値放置をしない

 
イナゴ ビットコインFX コツ
 
これはトレードスタイルにもよりますし否定はしませんが、
今現在のビットコインFXに関して言えば注意したほうがいいことに間違いはありません。
 
 
うっかり指値を忘れていて、気づいたらデポジットがなくなっていた・・・
なんて悲しい事例を聞くこともあります。
  

 
私も元々はスイング寄りのトレードをしていて指値やストップも活用していたのですが、
最近はボラティリティが大きいのでチャートを見ていられるときしかトレードはしないようにしています。
 
 
指値もほとんどしないし、ましてや指値したままやポジション持ったまま放置するということは基本的にやらないようにしています。
 

数分目を離す際も必ず安全策としてストップを都度入れるようにしています。
 
 
これにより、予想外のダメージは受けなくなりました。
 

 
やはりみなさんお仕事やプライベートがあるので難しいのは承知していますが、
かと言って無理にポジションを持って損失を計上してしまっては意味がありません。
 

指値や寝ポジは絶対ダメということはないですが、
必ずストップを入れるなどリスク対策は徹底しましょう。
 
 
 

第六条 – 欲張らない

 
ビットコインFX コツ 勝ち方 養分 

最後にシンプルだけどすごく大事なことを。

 
それは欲張らないことです。
 

みんなお金を増やしたくてFXをやっている想いは同じだと思いますし、
その気持ちが強いのは悪いことではありません。
 

ただ、そこで欲のベクトルを間違えると無駄ポジの連発や損切りができないなどに繋がるので、
そこは負けないようにしましょう。
 
 
メンタル面のことを色々書いてきましたが、最後は自分との戦いになります。
 
 
自分の欲に負けないことが、FXで勝っていくための1歩になります。
 

 
 

まとめ

 
ビットコインFXや為替FXで養分にならない、退場しないために大事なことをまとめてみました。
 

最初からFXで勝ち続けることはまず無理ですが、
失敗したらその原因を考え、同じ失敗はしないようにしていきましょう。
 
 
そうすることで、少しずつ負けることが減り、退場しなくなります。
 

土俵に残ることができればだんだんと感覚やポイントがわかってきたりして、
地力も身についてくるはずです。
 
 
少しずつでいいので、できることから頑張っていきましょう。
 

何からどうやって分析したらいいのかわからない方は
こちらの記事でライントレードについて書いているのでぜひ参考にしてみてください。

【FX初心者の方必読!画像付き】ライントレードの方法〜水平ラインとトレンドライン、サポートラインとレジスタンスライン〜

2018.10.25

 
チャート分析はTrading View(トレーディングビュー)がオススメです。

【完全版】トレーディングビュー(Trading View)の使い方講座〜インジケーターの設定や表示方法など全て図入りで解説

2018.09.16
 
 

【最新】XM(エックスエム)の口座開設・登録方法を画像付きでわかりやすく解説

2018.10.07

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加