FXトレードする時間・期間から自分のトレードスタイルを確立しよう〜スキャルピング・デイトレード・スイングトレード〜

仮想通貨 BTCFX FXトレード




どうも、ぽよよです。
 

1月から仮想通貨市場全体が下がってきており、
5月のGW明けにはパッとするかと思いきや、
いまいち煮え切らない相場になっています。
 

いわゆる現物トレードと言われるビットコイン・アルトコインの売買では
こういった相場だとアルトコインの売買して利益を出すのはとても難しいです。
 

 
こういうパッとしない相場や下げ相場でも利益を出せるのが
FXトレードの魅力ですね。
 

相場の影響もあり、最近ではBTC FXにチャレンジする方も増えているようです。
 

でも、
「FXを始めたいけどイマイチやり方やイメージがわかない!」
という方もいるでしょう。
 

今回は、FXトレードをするにあたって
絶対に知っておくべきトレードスタイルについてお伝えします。
 

ポジションの保有期間に応じてのトレードスタイルを意識しよう

  
仮想通貨 BTCFX やり方

FXというのは買いか売りのポジションを持って
値動きしたところでポジションの決済(解消)をすると
利益、あるいは損失が確定するという流れです。
 

これを繰り返していくのですが、
いざやってみると迷うのが、
ポジションを取ってからどのくらいのタイミングで決済すればいいのかということです。
 

そこで、ポジション保有期間に応じて
それぞれトレードスタイルの名前などがありますので、
そこを頭に入れて自分がどのスタイルでやっていくのかを明確にしておきましょう。
 

こうすることで、ダラダラとポジションを持ったりすることも無くなります。
 
 
トレードスタイルは大きく分けて

  • スキャルピングトレード
  • デイトレード
  • スイングトレード

の3種類に分けることができます。
 

それぞれの概要を把握して、
自分がどんなスタイルでやっていくのか、ポジションを取るのかを
イメージしていきましょう。
 

スキャルピングトレード(短期売買)

 
仮想通貨 FXトレード BTCFX

スキャルピングトレードはポジションを持って
数十秒〜数分とか、極めて短期間で売買するトレードスタイルです。

 

チャートに張り付いてトレードするようになりますが、
細かく利益を積んでいくことで毎日しっかり稼いでいるトレーダーさんもいます。
 

また、勝ち取る幅は小さいため
レバレッジを多めにしてトレードしている方が多いですね。
 

チャートを見ている時しかトレードしないため、
知らない間に大幅な損失が出ていたということはないというメリットもあります。
 

デメリットとしては、

  • トレード回数が多いので手数料も計算に入れる必要がある
  • レバレッジを高めにするため、損切りを失敗すると思わぬ損失を被る
  • 時間が必要(=労働収入)

などが挙げられます。
 

 

ぽよよ
ちなみに、私は性格的にもスキャルピングはできないです・・・

デイトレード

仮想通貨 FXトレード BTCFX

 
デイトレードは数時間〜1日以内にポジションを決済するトレードスタイルです。
 

スキャルピングのように目先の値動きだけでなく、
大きなチャートの波の動きも理解し、どの方向に向かって値動きするのか理論立ててポジションを取る必要があります。
 

ただ、スキャルピングのようにべったり張り付く必要はないので、
ポジションだけ取ったら指値・逆指値を設定してある種の自動売買みたいにやっちゃう方が大半ではないでしょうか。
 

指値・逆指値とは
指値は決済指値と呼ばれるもので、
「いくらプラスになったら利確する」という設定です。

逆指値は、「いくらマイナスになったら損切りする」
という設定です。

 

特に逆指値はとても大事で

知らないうちにめっちゃ損失が出てるじゃないかー!!!

という自体を防ぐことができます。
 

デイトレードや、この後紹介するスイングトレードをする方は
逆指値をお忘れなく・・・!
 

デイトレードのメリットは1度にそこそこの利幅を取るため、
1トレードあたりの利益はスキャルピングよりも断然多くなります。
 
労力をそこまで割かなくてもいいのはメリットですね。
 

ただ、デメリットとしては
チャート分析が甘くて損切り連発だと利益が伸びないところでしょうか。
 

いかにチャート分析ができるかが勝負になります。
 

スイングトレード

仮想通貨 FXトレード BTCFX
 
スイングトレードはポジションを数日〜数週間単位で保有してトレードするスタイルです。
 

3種類あるトレードスタイルの中で
1番保有期間が長くなります。
 

そのため、トレード数自体は比較的少なくなりがちなので、
労力的にも1番割かずに済むスタイルになります。
 

その分、ポジション保有期間が長期になるため、
より適切で戦略深いチャート分析が必要になりますね。
 

ただ、1回のトレードで出す利幅も大きくなりやすく、
スイングトレードで利益を積み重ねられるようになるのが1番理想的でしょう。
 

スイングトレードのデメリットは、
ポジション保有が長くなるため、深夜帯の急激な値動きや予想外のファンダメンタル材料に巻き込まれて
損失となってしまうことでしょう。
 

これらも含めて、どこまで深いチャート分析ができるかが鍵となります。
 

どのトレードスタイルがいいの?

 
仮想通貨 BTCFX FXトレード

紹介した3種類のトレードスタイルのうち、
どうやってスタイルを決めていけばいいか見えてきましたか?
 

どのスタイルもメリットデメリットがありますし、
難しさの中身が違ってくるため、
一概にどれが良くてどれが悪いとは言いにくい部分があります。
 

ただ、個人的にはデイトレードかスイングトレードがオススメです。
 

というのも、スキャルピングは疲れちゃう方が多いんじゃいかと思います。

 
トレードしている間はチャートから目が離せないですし、
本業がお忙しい方はあまり現実的ではなかったりします。
 

なので、しっかりチャートの見るポイントを身につけ、
分析した上でトレードするデイトレードかスイングトレードでやっていけるといいんじゃないかなと。

 
チャート分析の勉強は簡単ではないですが、
少しずつでもいいしデモトレードからでもいいので、
興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。
  

ぽよよ
アルトコイン保有と共にFXでも利益が積み上げられたらいいよね。

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加