仮想通貨アプリの「My Token(マイトークン)」とは?〜エアドロップでMTトークンも無料でもらえるよ〜

MyToken 仮想通貨アプリ マイトークン




どうも、ぽよよです。
 

ほとんどの方がお持ちのスマートフォン、
いろんなアプリをインストールして利用していますよね。
 

仮想通貨に没頭している皆さんは
もちろん仮想通貨関連のアプリも利用していると思います。
 

クリプトフォリオやブロックフォリオなどのポートフォリオ管理系や、
コイン相場やコインウォッチなどの相場確認系など、
仮想通貨関連のアプリも多く出回るようになりました。
 

そんな便利な仮想通貨関連のアプリですが、
中国で支持されるアプリがあります。
 

それが

My Token

です。

 
このMy Token、僕も実際にダウンロードして覗いてみましたが、
かなり良いです。

そして、今ならエアドロップでMTトークンを無料でもらうこともできます。
 

MTトークン自体も一目置いているので、
この際ですから無料でゲットしておくことをオススメします。
 

My Tokenって??

仮想通貨アプリ MTトークン MyToken
 

My Tokenは中国で人気の仮想通貨アプリで、
なんとリリースされたのは2017年の7月です。

 
もう半年以上は余裕で経っていて
ユーザーも40万人を超えています。
 
豊富な取引所データや銘柄の情報、
公式アカウントの情報など役立つ情報を幅広く提供している
便利な仮想通貨アプリです。

My Tokenの便利な機能

 
My Tokenの機能を紹介していきます。
 

時価総額ランキングの表示

時価総額のランキング表示はいろんなアプリが対応していますが、
My Tokenももちろん表示することができます。 

仮想通貨アプリ MyToken マイトークン

 

各仮想通貨の基礎的な情報も網羅されている

 
時価総額ランキングなどから詳細を知りたい通貨をクリックすると
その仮想通貨の概要や取り扱われている取引所、発行枚数、公式ホームページやホワイトペーパーなど、
基礎的な情報を確認することができます。
 
仮想通貨アプリ My token マイトークン

取引所もマイナーな取引所での情報までしっかり出てきます。
 
仮想通貨アプリ MyToken MTトークン

こちらが各通貨の概要の画面です。

仮想通貨アプリ MyToken MTトークン

公式ページのリンクなども貼られていますので、
探したいときはここから飛ぶと便利ですね。
 

検索機能でホットワードを知ることができる

これ、My Token独自の機能なのですが、
結構イケてる機能だと思います。
 

画面上の左上にある虫眼鏡マークが検索ボタンなのですが、

仮想通貨アプリ MyToken マイトークン

この虫眼鏡ボタンをタップするとこんな画面になります。
 
仮想通貨アプリ MyToken マイトークン

この、【ホット検索】というのが現在検索されているワードを意味しています。
 
つまり、現在みんなが注目している仮想通貨などを
ここから把握することができるのです。
 

もしかしたら、お宝銘柄が発掘できるかもしれません。
 

もちろん、通常のように検索窓で仮想通貨や取引所などを検索することも可能ですよ。
 

取引所データがめっちゃ豊富

取引所はコインマーケットキャップに載っているところだけでも
204個も存在します。
 (3月25日現在)

もちろん、ここに載っていない取引所もたくさんあるでしょう。
 

で、My Tokenがすごいのは約300弱ほどの取引所のデータに対応しているところです。
 
 
取引所のデータが膨大にあるのはアドバンテージでとして考えられますし、
より幅広く情報を確認することができます。
 
仮想通貨アプリ MyToken マイトークン

新規上場銘柄の情報や、取引量のランキングもわかる

画面下のメニューにある【相場情報】をから
新規の上場した銘柄や取引ボリュームのランキングを確認することができます。 

MyToken 仮想通貨アプリ MTトークン

開いた状態ではそれぞれ4通貨ペアずつしか表示されていませんが
画面にあります【全てを見る】をタップすると文字通り全て確認できます。
 
仮想通貨アプリ  MTトークン マイトークン

各取引所のTwitter情報

画面下のメニューにあります【ニュース】からは
各取引所のTwitterの情報が確認できます。
 
仮想通貨アプリ MyToken MTトークン

取引所のTwitterはひとつの重要な発信源なので、
ここを一括して抑えられるのは魅力的ですね。
 

アカウントを作成してポートフォリオの管理もバッチリ

 
My Tokenアプリでは、ランキングや各仮想通貨の情報だけではなく、
アカウントを作成することによって
ポートフォリオを管理し、現在の資産状況を随時確認することができます。
 
 
仮想通貨のポートフォリオ管理アプリといえば
クリプトフォリオやブロックフォリオがメジャーですが、
My Tokenも使いやすくてオススメです。
 

アカウントの作成方法もめっちゃ簡単ですが、
紹介しておきます。
 

  • 画面下の【自分】から【ログイン】をタップします
  • 仮想通貨アプリ 銘柄管理 管理アプリ
  • 【サインイン】を選択し、登録するEメールアドレスとパスワードを入力します
  • 仮想通貨管理アプリ MyToken マイトークン
     

  • 登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので、本文にあるリンクをクリックします
  •  
    これでアカウント登録も完了です。

    ぽよよ
    アカウント登録も一瞬なので、めんどくさがらずにやってみてください。
     
     
     
    使い方についても紹介します。
     

    最初の画面はこんな感じです。
     
    MyToken MTトークン エアドロップ

    自分の保有している仮想通貨を追加する場合は、
    右下の青いボタンをタップします。
      
    MyToken 仮想通貨アプリ マイトークン

  • 通貨
  • 数量
  • 買い価格(任意)
  • 注文時間(任意)
  • 保存先(任意)
  • 取引所(任意)
  • 備考(任意で200文字まで)
  • を入力します。
     

    ひとまずは、通貨と数量だけでもOKです。
     
     
    デモとして、僕の好きな仮想通貨を適当に入力してみました。
     
     
    MyToken 仮想通貨アプリ ポートフォリオ
     

    ポートフォリオに入れられた銘柄をクリックすると、
    こんな感じで表示されます。
     
    仮想通貨アプリ MyToken MTトークン

    今回は買い価格を未入力(=0円)になっているので
    100%利益になっていますが、
    正しく買い価格を入力すれば今の価格と比較して
    どの程度含み益や含み損が出ているかも一発でわかるようになります。
     
    正確にしっかり管理したい方は購入価格も入力しておくと
    見やすくていいですね。
     

    また、MyTokenのポートフォリオは複数作成することもできます。
     

    先ほどのこの画面で

    MyToken MTトークン エアドロップ

    ポートフォリオの画面(ここだと「デモ」)をクリックすると
    こうなります。
     

    MyToken 仮想通貨アプリ ポートフォリオ
     
     
    この画面で、【ポートフォリオの追加】を選択すると
    新しいポートフォリオが追加できます。
     

    分別して管理したい時にとても便利です。
     

    右上の【編集】から名前の変更などができます。
     

     
    以上、ここまでMyTokenアプリの使い方について説明してみました。

    ぜひアプリをいじくってみてください。

    My Tokenのビジョン

    仮想通貨アプリ ポートフォリオ MyToken
      
    MyTokenは、実はこれから自身のトークンも活用していきます。
     
     

    仮想通貨という産業に置ける不便さ

       
    ビットコイン、ブロックチェーンが誕生したことをきっかけに
    新しい産業が生まれただけではなく、
    それが投資対象とされたり、資金調達に利用できるようになりました。
     

    しかし、急速に発展している仮想通貨は多くのチャンスをもたらすと共に、
    それを利用したり投資する人々に対していくつかの不便さが露呈されています。
      

    仮想通貨の多様性

    仮想通貨アプリ MyToken マイトークン

    今日において、MyTokenのデータによると
    約2000種類の仮想通貨が取引可能な状態になっています。
     
    それに加え、毎月何十種類もの新しい仮想通貨が新しく取引可能となり、
    増え続けています。
     

    投資家にとって、この膨大な数の仮想通貨を網羅的に把握し、
    どの仮想通貨に投資するかを選別するのは非常に難しい問題となっています。
     

    仮想通貨取引所が多く存在し、取引が分散されてしまっている

     
    仮想通貨アプリ MyToken マイトークン

    仮想通貨が多く流通するにあたり、
    それを扱う取引所も数多く存在します。
     
     
    仮想通貨取引所はまさにドル箱とも言える事業であり、
    設立してユーザーがついてくれれば、それだけで莫大な手数料を儲けることができます。
     

    そのため、利益を狙って仮想通貨取引所を設立する人も多いのです。
     

    ぽよよ
    MyTokenが把握しているだけでも現在300近くになるんだもんね・・・
     

    仮想通貨取引所が多く点在してしまうと、いくつかの問題点が発生します。
     
     
    各取引所の戦略によって異なる仮想通貨を扱っているのは当然ですが、
    それに加えて取引所によって異なる取引価格や取引板の違いが問題として指摘できます。
     

    どうすれば投資家がより投資しやすい環境(配分や価格を把握しやすくする)を整えることができるのか・・・
    ここをMyTokenは考えています。
     

    個人資産を測定するのが困難

    仮想通貨アプリ ポートフォリオ 銘柄情報
     
    この記事を読んでくださっている方で、
    数多くの仮想通貨を保有している方もいると思います。
     
    そんな方は、

    今この瞬間の仮想通貨の資産がいくらか?

    というのを正確に把握できますか?
     

    値動きが激しいだけでなく、
    取引所によって価格が異なる仮想通貨は正確に資産価値を測るのが難しいものになっています。
     

    さらに、ICO投資した分はどの程度の資産価値になるのかというのも含めると、
    なおさら資産価値を見積もることが困難になってしまうのです。
     

    仮想通貨投資はエンジェル投資のようなもの

    仮想通貨アプリ Mytoken マイトークン
     
    創業して間もない企業や個人に対して投資する人を
    エンジェル投資家と呼びます。
     

    エンジェル投資家は富裕層であることが多く、
    よほどの余剰資金がないとできるものではありません。
     

    エンジェル投資でリターンを取っていくのも非常に難しいんですね。
     

    そんな一部の投資家しかやらないようなエンジェル投資に
    仮想通貨は似通う部分があります。
     

    つまり、リスクが大きな投資であり、
    手を出すならば詳細に分析して理解しなければならないのです。
     

    • 各プロジェクトが市場価値や評価に対して適切なのか
    • チームの経歴や技術的な部分
    • 競合の有無や環境
    • 成功の可能性

    などなど、分析しなければならないことはたくさんありますが、
    これを膨大に存在する仮想通貨1つ1つを調べて判断するのは不可能に近いです。
     

    詐欺的なプロジェクトや開発が止まっているものも存在している

    仮想通貨アプリ MyToken マイトークン
     
    仮想通貨はバブルだと叫ぶ人もいますが、
    その性質から国境も関係なく資金のやり取りが出来てしまいます。
     
    そのため、お金を巻き上げるためだけに架空のビジネスプランを作り上げたり、
    すでに開発が止まったりしている投資に値しないようなプロジェクトも数多く存在しています。

     

    すでに、こういったプロジェクトの被害に遭い、
    お金を失った人もたくさんいます。
     

     

    MyTokenが目指すもの

    ブロックチェーンには、大きく2つの特徴があります。
     
    それは、

    非中央集権化と信頼

    です。
      

    ブロックチェーンはこれまでの常識を撃ち壊す革命的な技術で、
    これにより全く新しいビジネスモデルも多く誕生するでしょう。
     

    そして、これらは新しい世界を構築します。

    MyTokenは、より多くの人々にブロックチェーンのプロジェクトや産業を知ってもらい、
    産業全体のより良い未来を作るという使命に基づいています。

     
    そして、効果的にブロックチェーンと今までの世界を繋ぎ、
    さらにはブロックチェーンのプロジェクトと投資家を繋ぐことを目指しているのです。
     

    MT Tokenを使用したプラットフォームの構築を目指す

    仮想通貨アプリ Mytoken Airdrop
     
    MyTokenは単なる仮想通貨情報アプリではなく、
    MyToken自身もトークンを発行し、投資家に提供します。
     
     
    MTトークンを活用したプラットフォームでは、
    下記のような事柄を構築します。
     

    1. ターゲット広告
    2. 広告主と顧客とのより良いマッチングを作り、
      双方の利益になるようにする。
       
       

    3. 集約的取引
    4. 各取引所とMTプラットフォームを連携させて、
      取引の一元管理を提供します。
       

      ぽよよ
      複数の取引所を管理するのも大変なので、これが実現したら便利だね!

       

    5. 海外ICOプラットフォーム
    6. 新規プロエクトを立ち上げる開発者と投資家を繋ぐチャネルとなり、
      効果的な投資ができる環境づくりを行います。
       

    7. データサービス
    8. MyTokenが保持するデータを専門のチーム向けに提供し、
      その対価としてMTを用いるシステムを構築し、データが行きわたるようにします。
       

    9. Dapp ストア
    10. 分散型のストアを開設することによって、
      ブロックチェーンによりアプリの公開ができるようにします。
       
      開発者が顧客を集めやすくすることを狙いとしています。
       

    11. UGCシステム
    12. MTコミュニティ上でユーザーも自由にコンテンツを作成できるようにし、
      活発なコミュニティとなり、仮装通貨投資に関する質の高いコンテンツが溢れる環境を作ります。
       

       

      MTトークンの用途

       
      仮想通貨アプリ MyToken MTトークン

      MTトークンはいくつかの使用用途を想定しています。
       

      広告関連で使用

       
      広告はYoutubeや各SNS、Webページなど
      あらゆるところで目にします。
       

      ただ、従来は大量に広告表示されて迷惑な存在になったり、
      中央集権的にユーザーデータを管理することでセキュリティ面での危険性があったりしました。
       

      MTトークンではブロックチェーンを活用することでこれらの問題を解決し、
      より良い顧客とのマッチングとセキュリティ保持を確立します。
       

      また、広告主は広告料の支払いをMTトークンで行ったり、
      ユーザー自身がモニターとして活動して報酬としてMTトークンを受け取ることもできます。
       

      MyToken自体がDEX(分散型取引所)になることを目指す

       
      先ほど、MtTokenが目指すものに、
      各取引所を一元管理して取引ができるようにするとありましたね。
       

      MyTokenは取引所を繋げて集約化することによって、
      1つの分散型取引所になります。
       
      これによって、面倒なアカウントの管理も不要になり、
      取引量自体が増えて流動性も高まることが期待できます。
       

      MyToken自体も分散型取引所になりますが、
      すでに存在している分散型取引所(DEX)とも提携を目指しています。
       
      これはハードルが高いことですが、取り扱い通貨も増えることによって
      ユーザーのニーズも満たすことになります。
       

      海外ICOのプラットフォームとして機能

       
      ICOは仮想通貨投資の中でも
      重要な投資手段です。
       

      しかし、情報ソースが限られていたり、KYC認証の問題があったり、
      プロジェクト自体が悪意のあるものなのかどうかがわからなかったりと
      課題も存在します。
       

      それに対し、MyTokenはコンプライアンスに基づいて、
      顧客と開発者側とがWin-Winとなる関係を構築できるようにします。
       
      情報共有やKYCの簡略化など、双方にメリットが生まれることが期待できるでしょう。
       

      他にも、先に挙げたDappストアの構築や
      コミュニティ・コンテンツの生成など、幅広く展開していく予定です。
       

      MyTokenのロードマップ

      仮想通貨アプリ MyToken MTトークン
       
      MyTokenはすでにアプリも稼働していて形ができているため、
      1年以内にプロジェクトを完成させることを目標としています。
       

      ぽよよ
      もちろん、事情によってはスケジュールも変化することもあると思うけどね。
       

      MyTokenのロードマップ

      • 2017年8月 – MyToken誕生、iOS・Android版開発着手
      • 2017年10月 – AngelRound Fund(中国VC)より出資を受ける
      • 2018年2月 – 主要機関公開
      • 2018年3月 – トークン配布、広告システムのテスト、資金調達用のトークンシステム構築 を予定
      • 2018年6月 – 既存の取引所での取引情報データ収集 を予定
      • 2018年9月 – 分散型ウォレットのテスト、ICO資金調達データ収集 を予定
      • 2018年12月 – Dappストア開設、コミュニティおよびUGC解放 を予定

      となっています。
       
      すでに稼働しているアプリケーションがあるというのは
      やはり強みの1つと言えますね。
       

      MTトークンのエアドロップに参加して無料でトークンをもらおう

       
      MyToken 仮想通貨アプリ エアドロップ

      MTトークンは現在エアドロップによって
      120トークンを無料でゲットすることができます。

       
      操作もめちゃめちゃ簡単で、
      コチラから任意のニックネームと自分のMyEtherWalletのETHアドレスなどを入力して提出すればOKです。

       

      せっかくなので、ぜひ試してみてください。

      まとめ

       
      日本ではまだあまり馴染みがないですが、
      便利で使いやすいMyTokenをご紹介しました。
       

      MyToken自身も今後どんどん成長していくようなので、
      とても楽しみですね。
       

      ぽよよ
      僕もアプリを使いながらプロジェクトの進行を応援していきます!

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加