気になるDAG採用予定のTravelFlex(トラベルフレックス)とは?〜ただいまICO期間中の仮想通貨です〜

DAG 仮想通貨 ICO




どうも、ぽよよです。

DAG技術に着目していたら、Travelflex(トラベルフレックス)というロゴがかっこいいICOを見つけたので、
今回はトラベルフレックス(TRF)がどんな仮想通貨なのかを紹介していきます。
  
仮想通貨 TRF トラベルフレックス

 

着実に成長している旅行産業

仮想通貨 TRF トラベルフレックス
 

旅行業界は、毎年成長している伸びている産業の1つです。

1995年に5億2000万人が海外旅行に行きましたが、
2015年には10億人以上が海外を訪れています。
 
このような伸びている旅行産業をさらに親しみやすく身近で便利にし
業界をさらなる高みへと押し上げる存在になることをトラベルフレックスは考えています。

Travelflex(トラベルフレックス)とは?

 

 

TravelFlexはDAG技術をベースに作られた仮想通貨で、
スケーラビリティ問題を解決することを目指しています。 
 
ジェネシスブロック(最初のブロック)は12月2日に生成されていて、
すでにコインは実在して稼働しているとされているようです。
 
 
旅行産業は年々拡大していて、市場規模は1兆ドルとなっています。
 
成長産業である旅行業をさらに進化させ、革命をもたらすべくトラベルフレックスは誕生しています。

 
もちろん、旅行時以外の日常生活の中でも利用することができるでしょう。

 
かなり魅力が山盛りなので、最後までみて見てくださいね! 

 

Travelflex(トラベルフレックス)の特徴

トラベルフレックスは特徴が山盛りなので、
順番に紹介していきます。

DAGアルゴリズムを実装する予定

DAG 仮想通貨 TRF

1番の特徴はDAG技術を実装予定ことです。

DAGとは、日本語に直すと有向非巡回グラフと言われる技術です。

ブロックチェーン技術と違い、マイナーが存在しなかったり、
ビットコインでよく言われるスケーラビリティ問題もありません。

 
送金手数料をゼロにすることも可能で、
送金速度もとても早いです。

DAGが採用されている通貨は少なく、
IOTA、Byteball(バイトボール)Aidos Kuneen(ADK)RaiBlocks(XRB)があります。

仮想通貨「ByteBall(バイトボール)」とは?〜チャートや価格、将来性など〜

2017.11.23

仮想通貨【Aidos Kuneen(ADK)】とは?〜価格やチャート、将来性などの概要を紹介〜

2017.11.07

急上昇!仮想通貨「RaiBlocks(ライブロックス)」とは?〜リブランドしてnanoに、概要や価格、購入できる取引所など〜

2017.12.30

IOTAは時価総額ランキングでかなり上位にいますし、
ByteBall(バイトボール)もよく話題に上がります。

Aidos Kuneen(ADK)は非常に注目されていますし、
RaiBlocks(XRB)も12月に価格が急騰して時価総額ランク20位台まで上昇しました。

ぽよよ
DAG通貨は今後、注目の的になっていくと思っています。
 

そんなDAGを採用する予定なのがトラベルフレックスなんですね。

スクリプトマイニングからDAGに進化予定

  

DAG 仮想通貨 トラベルフレックス

トラベルフレックスは最初はDAGベースのスクリプトマイニングですが
最終的にはDAGとなる予定です。

それでも、現状で1ブロックが1秒で生成されています。

ビットコインのブロック生成時間は約10分、
ライトコインが2.5分、
僕の大好きなデジバイト(DGB)がめっちゃ早くて15秒なので、

トラベルフレックスの1ブロック1秒というのはとんでもないですね。
 
 

処理できるトランザクション量の比較

トラベルフレックス(TRF)の処理できるトランザクション数を見てみましょう。

クレジットカードはすでに普及していますが、
VISAの1秒間の平均取引処理数は1700tps(=Transaction Per Second)で、
1日の最高取引数は4000tpsと言われています。

PayPalは平均115tpsで、1日の取引数を約1000万件まで処理できるようになっています。

そしてビットコインは、ブロックサイズが1MBだと約7tpsの取引速度に留まってしまいます。
 

イーサリアムは毎秒20tps程度、
DAG通貨であるIOTAが毎秒500~800tpsくらいまで処理できるのですが・・・

 
なんとトラベルフレックス(TRF)は毎秒1200~1400tpsまで処理できるんです。

 

ぽよよ
IOTAの約2倍・・・
 

そして、トラベルフレックスはDAGなので手数料もゼロにすることができます。

 
手数料がかからずに超高速取引が実現できるわけですね。
 

ぽよよ
実際にTRFコインをウォレット間で送金したら早すぎて感動しました。
 

キーカード(クレジットカード)を利用してスマートに利用できる

travelflex トラベルフレックス ICO

トラベルフレックスのカードを利用すれば
各国のATMで通貨のやりとりがスムーズに可能です。

これによって、為替にかかる高額な費用を抑えることができます。

トラベルフレックスのカードさえあれば、現金を持ち歩いて両替しなくて済むんですね。

旅行先での支払いは現金からトラベラーズチェック(小切手)、そしてデビットカードやクレジットカード、
さらにはICチップを採用したキーカードへと進化し、便利になってきています。
 

ちなみに、トラベルフレックスではトラベラーズチェック(小切手)の発行も可能です。
 

この小切手にも個人のピンコードを利用しているので、
本人であると身元確認ができた時のみ交換ができます。

スマホ用のマイニングアプリ

 
DAG 仮想通貨 トラベルフレックス

マイニングというと、基本的にはGPUなどで行われていますよね。

少なくとも、スマホを使ったマイニングというのはあまり聞くことがありません。

 
しかし、トラベルフレックスではスマートフォンにインストールできる独自のマイニングアプリケーションを開発します。
 

本当にスマホ用のマイニングアプリを作ることができるのか疑問を持たざるを得ませんが、
もし実現したらすごいことでしょう。

スマホアプリでマイニングができれば、
コストの高いハードウェアやGPU(グラフィックボード)、ASICなども不要なので気軽にマイニングに参加できます。

おまけに、それがスマホでできるのであれば、
本当に気軽に誰でもマイニングに参加することができるようになりますね。

 

独自のSNS(ソーシャルアプリ)の構築

Travelflex 仮想通貨 ICO

トラベルフレックスはスマホ用のSNSアプリの開発も予定しています。

自分のコンタクトリストに友達や家族を追加すれば、
簡単にコインのやり取りが可能になります。

ぽよよ
割り勘するときは便利なのかな。

既存のソーシャルメディアとの連携もできるようになるようです。

 

セキュリティ対策もバッチリ

トラベルフレックス ICO  DAG

先ほど、トラベルフレックスのコインであるTRFをプリントアウトして小切手としても使えるとご紹介しました。

その小切手ですが、紛失してしまう可能性もありますよね。

しかし、TRFの小切手は特定のピンコードで保護されており、
このピンコードがないと利用することができません。

 
小切手を盗んでも不正に利用することができないので、
安全にお金を持ち歩くことができます。

それに加えて、クレジットカードだと不正に個人情報などを抜き取られるリスクがありますが、
小切手には当然個人情報はありませんので、安心して利用することができます。

 

チャリティー活動の一環として慈善団体へ寄付

DAG  仮想通貨 トラベルフレックス

マイニング報酬については後述しますが、
マイニングで得られた報酬の2パーセントを慈善団体へ寄付することを決めています。

Travelflexが普及することは、慈善活動の一環にもなるということですね。
 
 

ちなみに求人も出ていますので興味ある方はぜひ

Travelfrex ICO トラベルフレックス

Travelflexは世界中で展開していくことを考えていて、
求人も募集しています。

新しいビジネスにチャレンジしたい方はいかがでしょうか??(笑)

  • 仮想通貨の支払い用ソフトウェアのエンジニア
  • シニア会計スタッフ
  • シニアプログラムマネージャー
  • プロダクトマネージャーサイバーセキュリティ
  • 事務長

を募集しているようです。

ぽよよ
事務長ってなんだ??

応募する方はこちらのメールアドレスにどうぞ! → jobs@travelflex.org.





 

マイニング報酬の割り当て

 
仮想通貨 トラベルフレックス TRF

トラベルフレックス(TRF)は1秒ごとにブロックが生成されますが、
1ブロック生成ごとに0.5TRFがブロック報酬として発生します。

これは1分間で30TRF、
1時間で1,800TRF、
24時間で43,200TRF、
1年間では15,768,000TRFとある計算です。

そして、トラベルフレックスも半減期があり、
2年ごとにブロック報酬が50パーセント減少となります。

つまり、2年後は1ブロックの報酬が0.25TRFになるわけですね。

 
このマイニング報酬は全てがマイナーにいくわけではありません。

最初の4年間は新しく採掘された90%がマイナー、
2%が慈善団体、そして8%が創設者へと分配されます。

 

4年目以降は創設者への分配がなくなり、
マイナーと慈善団体への配布のみになります。

なぜブロック報酬が創設者に分配されるのか

ブロック報酬が創設者に分配される理由ですが、
創設者チームはプレセールなどで事前にTRFコインを保有しないこととしています。
 

運営側で価格操作や暴騰・暴落などを起こさないようにするため、
そしてそういったことで運営側が利益を狙うわけではないと証明するために、
創設者サイドは事前にTRFコインを保有しないのです。

 
純粋に、Travelflexの発展のために尽力するためにも、
マイニング報酬の一部を一定期間の間に受け取ることにしているのですね。

ぽよよ
うん、確かに理にかなってる。

 

旅行業界の有名企業とのパートナーシップを取りにいく

 
パートナー企業として名だたる企業が挙げられています。

travelflex ICO 仮想通貨

こちらのパートナーシップについてはどこまで話しが進んでいるのかが定かではありませんが、
おそらくこれからパートナーシップを結ぶ段階に入るのではないかと思っています。

僕は試しにヒルトンを始めとした候補となっている企業に問い合わせメールをしてみたのですが、
窓口ベースではパートナーシップを結んでいる確信を得ることができませんでした。
 

ぽよよ
現段階で提携していたら相当やばいから、あくまでこれからなのだろう(と思っている)。

ロードマップ

Travelflexのロードマップを見ていきましょう。

TRF 仮想通貨 トラベルフレックス
  • 2016年第4半期
  • 創設者がアイデアを思いつく。

  • 2017年第1四半期
  • 2人の暗号通貨愛好家がチームに加わり、
    コンセプトを打ち出して、本格的に始動。

  • 2017年第2四半期
  • コンセプトをまとまった形に練り上げる。
    スマホ用マイニングアプリのベータ版を開発。
    チャットなどのテストも完了し、全て正常に動作。

  • 2017年第3四半期
  • 香港に会社を設立することを決定。
    ロゴと商標の登録も済ませる。

  • 2017年第4四半期
  • スマホ用、モバイル・マイニングアプリのベータ版の最終テストが完了。
    オンラインサポートチームにて、どんな質問にも答えることができる状態。

  • 2018年第1四半期
  • マイニングがスタートし、Travelflex用のウォレットやTRFの小切手、キーカードなどの
    追加サービスを開発する。
    開発チームは取引所に取り扱いの申請を働きかけていく。
    Travelflexカードを実現するためのパートナー契約の署名と法的プロセスの進行。

  • 2018年第2四半期
  • TRFの小切手がプリントアウト可能になる。
    旅行業界のあらゆる会社(予約サービス会社、航空会社、ホテルチェーンなど)ニタイシテ、
    TRFコインを使用できるようにパートナーシップや技術提供、開発を行う。

  • 2018年第3四半期
  • TRFコインのクレジット用キーカードが公開され、
    世界中のATMで利用できるようになる。
    会員メンバー向けのロイヤルプログラムを開発する。

  • 2018年第4四半期
  • 併合が行われ、TRFコインは大きく進化する。
    スケーラビリティの解消と超高速取引が可能になる
    新しいDAGアルゴリズムブロックチェーンの最終段階としての調整が行われる。

  • 2019年第1四半期
  • トラベルフレックスは旅行業界のパートナーや関連会社と
    新しい関係をさらに発展させていく。
    サポートチームのライブチャットも引き続き継続される。

  • 2019年第2四半期
  • この頃には新しいアイデアが生まれて開発中かもしれない。
    仮想通貨業界に対して、各国の対応も変わっているかもしれず、
    規制があったとしてもトラベルフレックスチームは必要に応じて
    TRFコインが機能する為に対応していく。
    そのための費用も用意していく。

2019年には基本的に今の構想は全て完了する見通しのようです。

2018年の早々には各取引所への取り扱い申請も働きかけていくので、
かなり動きはスピーディのように感じますね。

 

ICOの内容

 ICO トラベルフレックス TRF

現在、トラベルフレックスはICO期間中となっています。

2017年12月14日から2018年1月14日がICO期間となっており
ICOで9500万枚のTRFコインが配布され、
ボーナスとして500万枚が提供されます。

合計1億枚のTRFコインが分配されるわけですね。

 
1TRFコインのICO価格は0.28ドルとなっており、
支払いはビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、DASH(DASH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)またはフィアット通貨でも支払うことができます。

 
ICOはイーサリアムで行うものが多いですが、
DASHやビットコインキャッシュも利用できるのは珍しいですね!(多分)

 

ICOでは旅行が当たるキャンペーンも実施

トラベルフレックス ICO 仮想通貨

面白いことにICOではキャンペーンも実施されます。

10日間のバカンスが5名に、世界一周クルーズ旅行が1組2名に当たるそうです。

これは1つ1つのTRFコインに番号が紐付けされ、
特に応募手続きなどをしなくても自動でキャンペーンに参加することができます。 
 
TRF ICO 仮想通貨

Travelflex ICO 仮想通貨
 
 

ぽよよ
世界一周のクルーズ旅行は112日間だって、、、、やば!!!(笑)

TRFの価格や規模感を比較してみた

 
トラベルフレックス(TRF)はICO価格が0.28ドルということで、
販売数量などを計算し、時価総額の規模がどの程度かなど比較してみました。

 
TRFコインはICOで合計1億枚、30年間で6300万枚がマイニングされ
合計1億6300万枚が発行上限枚数となります。
 
ひとまず、ICOで発行される1億枚がキャパとして考えていきます。
 

1TRFが0.28ドルで1億枚がICOで販売されるので、
ICOで販売されるトラベルフレックスの時価総額は28,000,000ドル(約30億円)となります。
 

1月1日現在の時価総額でいうと、290位前後になります。

TRF ICO トラベルフレックス
 (赤枠が時価総額です)
 
 
時価総額的にはやはり下のほうに位置するので、
決して割高ではないでしょう。
 

そして、発行枚数が現在流通している枚数が1億枚程度の仮想通貨が
いったいどの程度の価格になっているかも確認してみました。
 

トラベルフレックス TRF ICO

現在Binanceに上場投票されているRaiBlocks(XRB)クラスまで上場すると、
ICO価格から約83倍のパフォーマンスになりますね。
 

ぽよよ
スゲー!!
 

もちろんどこまで上昇するかは未知数ですが、
ちゃんと上場さえ果たしてくれたら徐々にでも価格が上昇するのではないかと思います。
 

ぽよよ
少なくとも、損はなさそう・・・かな?
 

というわけで、僕はICOは滅多に参加しませんが、
Travelflexは期待したくなったのでちょっと買ってみました。
 

メールの対応も早くて良い印象

 
サポートチームとメールでやり取りしたのですが、
レスポンスも早く良い印象を持てました。
 
TRFコインの送金も早く、
すでに僕のウォレットに入金されました。
 

あとは上場すれば取引できる状態です。
 

ぽよよ
トラベルフレックス、頑張ってほしいなぁ。
 

ICOの参加方法

 
最後に、ICOの参加方法を紹介しましょう。

※追記
ICOの参加方法と、ウォレットの仕様が変更されています。
現状のものについては、それぞれ指示に従って進めてみてください。 
  1. Travelflexにアクセスします
  2. トラベルフレックスの公式サイトはコチラ

  3. トップ画面の「ICOに参加」をクリック
  4. Travelflex 仮想通貨 ICO
  5. 必要事項を記入し、アカウントを作成します
  6. TRFコイン 仮想通貨 ICO
  7. アカウントが作成できると、マイページに飛びます
  8. Travelfrex ICO 仮想通貨
  9. どの通貨で支払いするかを選びます
  10. 選択すると、そのコインのデポジットアドレスが表示されますので、送金しましょう
  11. Travelflex 仮想通貨 ICO

    スクショが用意できませんでしたが、
    入金用QRコードの下には自分のTRFウォレットのアドレスを入力します。

    TRFのウォレットについては、このあと説明します!
     

  12. 送金し、TRFウォレットのアドレスを入力したら、「Submit Order」をクリック
  13. トラベルフレックス ICO 仮想通貨
  14. これでひとまず手続き完了です
  15. トラベルフレックス 仮想通貨ICO

 
 

TRFウォレットの作り方

 

  • 左のメニューから「Wallet」をクリックします
  • TRF Travelflex ウォレット
  • 下の「Sign Up」をクリックします
  • 新しくページが開きますの絵、「Sign Up」をクリックしましょう。

    TRF ウォレット ICO
  • 必要事項を記入するとアカウントが作成できます
  • ユーザーネーム、パスワードを設定すればアカウントが完成します。

    TRF ウォレット トラベルフレックス
  • アカウントを作成するとログインされるので、アドレスを生成します
  • 最初はもちろん残高はゼロになっていますね。

    「Get a new address」をクリックすると
    自分のTRFウォレットアドレスが出てきますので、それを利用しましょう。

    TRFが購入できる取引所は?

    2月3日追記
    ICOが終わり、速攻でBTC-ALPHAに上場しました。
     

    この後も、Coinbeneという取引所に上場が決まっています。

     
    TRFはどんどん取引所に上場していくことが期待されていますので
    楽しみですね( ´ ▽ ` )

    ぽよよ
    Binanceに頑張って上場してほしいな〜!

    このブログがTravelflexの公式サイトに掲載されました

    Travelflexの会社の方とメールでやり取りをさせていただいたときに、
    ダメもとで
    「Travelflexを応援したくてブログの記事にさせていただきました。
    是非、掲載メディアとしてtravelflexのページに載せていただけませんか?」
    と聞いてみたところ、、、

    「サンキュー!」
    とおっしゃってくださって、快くこのブログを載せてくださいました!!!

    トラベルフレックス ICO TRF
     

    ぽよよ
    この心意気には感動しました!!
     

    是非、Travelflexをよろしくお願いします!!
     
      

    二段階認証時の注意点!!

    ウォレットの二段階認証を設定する際、注意することがあります。
     
    「Enable」を押して設定しますが、
    QRコードが表示されないことがあるようです。
     
     
    これ、QRコードを読めないまま1度ログアウトをしてしまうと、
    ウォレットが開けなくなる可能性があります。

    なので、先方に自分のTRFウォレットアドレスを送る前に、
    必ず二段階認証を確認してウォレットがバッチリ使えることを確認してから
    受け取るウォレットアドレスを知らせるようにすることをオススメします。
     

    せっかく送金してもらったのに、ウォレットにGOXする
    というパターンもあり得ます。
     

    もしこうなったら泣くに泣けないことになりますので、
    ここだけはご注意を!!!

    まとめ

    DAGベースということで、個人的にとても気になっているICOである
    トラベルフレックスを紹介しました。

    僕はICOはあまり好きではないのですが、
    これはとても気になっています。

    ICO(仮想通貨の事前販売)は損することがほとんど?!〜私がICOに消極的な理由〜

    2017.10.10

    内容を見る限りはかなり将来性を期待できるようにも思えますが
    TwitterなどSNSでは全く話題になっていないし、海外勢の注目度も少ないようです。

    ぽよよ
    公式アカウントのフォロー数も少なめだね。
    travelflex ICO 仮想通貨

    その辺りが少し気になるので、僕は購入しましたがオススメはしませんよ!

    ぽよよ
    もともとICOはリスクあるしね。

    もし投資される際は、慎重に検討してみてください!

     
    僕は引き続き情報収拾を行っていこうと思います。




オススメの国内取引所3選!!!


最大手の安心感!
ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内最大手の取引所で、3大メガバンクやリクルート、三井住友海上など名だたる企業が株主になっている取引所。
ビットフライヤーFXも人気で、出金も迅速。
登録がまだの方は必ずアカウント開設をしておきましょう!!

ビットフライヤーへの登録はコチラから

将来性のある仮想通貨が豊富!コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
アプリも使いやすいと評判で、有望な仮想通貨のラインナップも豊富!
ビットコイン以外の将来性のある仮想通貨がたくさんあるので、欲しい通貨が出てきた時にすぐ購入するためにもアカウント開設推奨です!!

コインチェックへの登録はこちらから

手数料最安!2つの取引所とは違う持ち味のZaif(ザイフ)

ビットフライヤーとコインチェックに比べて、手数料を安く抑えることができるのがザイフです!
扱っている通貨数も豊富で、将来性のある通貨やトークンが揃っています。
仮想通貨ドリームを味わいたいならザイフの開設は必ずしておきましょう!!

Zaif(ザイフ)への登録はこちらから

ぽよよ
LINE@も登録してね!!いち早く情報が届くかもᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

友だち追加