仮想通貨「TOMOchain(coin)」とは?〜概要やチャート、購入できる取引所など〜

仮想通貨 TOMOcoin TOMOChain




どうも、ぽよよです。

 
今回は競合の激しいSNS系仮想通貨の中でも、
ブロックチェーンを利用したアプリも展開するTOMOChain(TOMOCoin)について紹介していきます。
 

TOMOChain(TOMOCoin)とは

 
仮想通貨 TOMO 取引所

まず、話しがちんぷんかんぷんにならないように、
始めに1つお伝えしておきます。
 
 
「TOMO」の名称がつくものとして

  • TOMO Chain
  • TOMO Coin
  • TOMO APP(アプリケーション)

が出てきます。
 
これらは

  • TOMO Chain
  • → TOMOが開発するブロックチェーンプロトコルです。

  • TOMO Coin
  • → TOMO Chain上やTOMO APPで利用されるトークンです。

  • TOMO APP
  • → TOMO Chainを使用したメインとなるアプリケーションです。

それぞれ紛らわしいのですが、
このように使い分けられていきますので注意してくださいね。
 

TOMO Chainが目指すのは分散アプリケーションのプラットフォームになること

仮想通貨 TOMO トモコイン

TOMOの使命は、インターネットの価値を構築し、その期間のインフラストラクチャを設計し、知識の共有を促進し、地方分権化、財政の透明性とアクセシビリティを促進することです。
いつでもどこでも、TomoChainインフラストラクチャの目標は、数百、数千の分散アプリケーションの主要プラットフォームとなり、異なるサイズのビジネス向けの数学アルゴリズムのリリースをサポートすること
で、TomoCoinを デジタル資産に、何百万人ものユーザーにとって重要かつ貴重です。
参照元:TOMO Witepaper

TOMO ChainはEthereumのブロックチェーンに指摘される
スケーラビリティ問題を解決するために用いられます。

取引にかかるコストをほぼゼロまで落とすことができ、
承認時間も瞬時に完了させることができます。

またTOMO Chainの発展は下記のように示されています。

1.PoA(Proof of Authority Development)は、Ethereumコードベースに基づきます。
2. Masternodeとservicenodeシステムを構築する
3.ダウンタイムを最大2秒に最小限に抑え、すべてのトランザクションでコストをゼロにし
ます。
4. Etherealプラットフォーム上でスマートな契約をサポートします。
5.トークン発行とアプリケーション統合のためのAPI
取引費用ゼロでクロス取引(例えば、EthereumとTomoChain間)を可能にします。
7.コストと妥当性検証時間のないTomoChainのトランザクション
8.スマート契約でトークンを利用、送信、撤回する機能
9. ICOイベントの取引プロトコルとスマート契約テンプレートを作成します。
10.分散管理の適用
(参照元:TOMO Witepaper)

ぽよよ
PoAやマスターノードなど、面白そうですね。

 

TOMO APPは分散型のQ&A SNSアプリケーション

TOMO APPは分散型のソーシャルネットワーキングアプリとして作られています。

コミュニティへの貢献度で投げ銭が受けられます。

TOMO APPはTOMO Chainを利用した初の製品です。

すでにアプリがリリースされていて、
AppleストアやGoogle Playなどからインストールすることもできちゃいます。
 
仮想通貨 TOMO APP

こちらはベータ版のアプリですが、
アクティブユーザーはかなり増えているようですね。
 

ぽよよ
アプリについての紹介も別記事で作成します!
 

TOMO Coinの役割

稼働するアプリケーションの中で報酬として機能します。

 

Proof of Authority(PoA)

マイニングアルゴリズムはビットコインなどで採用されるProof of Work(PoW)を始め、
いくつか種類が存在します。
 

そんなマイニング方式について、
TOMO ChainはProof of Authority(PoA)を採用しています。
 
あまり聞きなれない方式ですが、
これによってシステムに参加できるユーザーウィ制御して、透過的なブロックチェーンシステムを構築することができます。
 

また、今後PoAを採用したいという組織は
TomoChainのシステムで動作します。




TOMOウォレット

TOMOウォレットはすでに展開されていて、
次のように示されています。

1.大量のTomoCoin、ETHおよびその他の多くのアルゴリズム通貨を、Ethereumまたは
TomoChainに安全に保管する能力。
2.連絡先にTomoCoinを転送します。
3. 第三者にAPIおよびアプリケーションを提供します。
(参照元:TOMO Witepaper)

仮想通貨 TOMOchain TOMOcoin 仮想通貨 TOMOchain Tomocoin

 

競合はSteem、kin、そしてOmiseGoなど

 
TOMOのホワイトペーパーでは
Steem、Kin、そして上昇を続けるOmiseGoが挙げられています。

ここではSteemとKinだけ取り上げておきます。
 
 

Steemとの比較

TOMOchain 仮想通貨 Tomocoin

TOMOとSteemはプラットフォームやトークんを利用して
コンテンツ提供者に報酬を与える点などで似ています。
 
一方、大きな違いとして考えられているのは、
TOMOアプリケーションではビデオ共有機能があるという強力なメリットも持ち合わせています。
 

Kinとの比較

Tomocoin 仮想通貨 Tomochain

Kinはメッセージプラットフォームとして機能するKikで利用されています。
 
そんなKinとの大きな違いは、
Kinが主に北米市場で開発されているのに対し、
Tomoはアジア太平洋の市場に注力しているところです。
 

さらには、TomoChainインフラストラクチャに基づいて開発を目指している点なども違っています。

TOMOのトークンアロケーション

TOMOのトークンは
40%がICOで販売され、20%はチームやアドバイザーたちが保有します。
 

で、残りの40%は8年間に渡って配布されていきます。

4年間に渡ってチームに、8年間に渡ってコミュニティなどに配布されていきます
TOMOcoin仮想通貨 Tomochain

使用用途はこんな感じ。
 
TOMOchain TOmocoin仮想通貨

TOMOのチャートはどうなっている?

TOMOは3月上旬に上場して順調に、、、
というかかなり上げてきています。
 
TOMOchain チャート TOMOcoin

ICO価格では1TOMOが0.25ドルで、
現在の価格が2.09ドルなのでICOから考えると8倍を超えていますね。
 
仮想通貨 トモコイン TOMOcoin

 
まだまだ上に上がっていきそうな雰囲気なので、
どこまで行くか楽しみですね。
 

TOMOが購入できる取引所

 
5月3日現在でTOMOが上場している取引所は2つあります。
 
1つはGate.ioです。

仮想通貨取引所「Gate.io」とは〜開設方法や操作方法も画像付きでわかりやすく紹介〜

2018.04.12

Gate.ioは使いやすいし取引通貨数も多いので、
開設しておくだけしてもいいと思います。
 

もう1つはIDEXという分散型取引所です。

最近は有望通貨の上場も多くなり、
注目を集め始めている取引所ですね。
 

IDEX 取引所 仮想通貨

有望銘柄が多く眠る取引所でもあるので、
こちらもアカウント登録をしていない方はオススメですので登録しておきましょう。

IDEXは分散型取引所(DEX)なので、
メタマスクなどが必要になります。
 

ぽよよ
まだ2つの取引所にしか上場してないですし、
ここから上がってくるでしょうから押し目で買ってみてもいいかもしれないですね( ^ω^ )

 

まとめ

分散型SNSアプリケーションを展開する
TOMOについて紹介してみました。
 

ICOで参加していた方がいたら大勝ち銘柄ですね。
 

ICOは非常にリスクが高いですが、
しっかり精査してこういった銘柄に入れれば強いですね〜。

 
TOMOは今後も見守っておきます。

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加