LISK(リスク)についてまとめてみた~仮想通貨リスクとは?〜

LISK リスク




アルトコインでも主要銘柄の1つとして知られる有望株

LISK(リスク)

私も非常に期待しているアルトコインの1つだし
多少のLISKも買い込んでいるので、
改めてまとめてみました。

「LISKってなぁに??」

という方、どうぞ!!

LISK リスク

 

LISK(リスク)ってどんなコイン??

 

LISK(リスク)が誕生したのは
 
2016年の5月です。

 
上位の通貨の中では新興の通貨であると言えるでしょう。
 

アルトコインはそれぞれに特徴がありますが、

LISK(リスク)は分散型アプリケーションのプラットフォームと言われています。
 

LISK(リスク)はイーサリアムと同様にスーマトコントラクト系!!

 
LISK(リスク)の特徴1つに、イーサリアムと同じ

スマートコントラクト系である

ということが挙げられます。
 

そして、イーサリアムと違う部分であり、LISK(リスク)の最大の特徴でもあるのが

サイドチェーンを利用することができる!!

という点です。
 
 

サイドチェーンってどういうこと??

 
LISK(リスク)もブロックチェーンを構築していますが、

サイドチェーンというのはLISK(リスク)のメインであるブロックチェーンとは

別のブロックチェーンを構築して動かすことができるものです。 

 
LISK(リスク)のプラットフォームとは別のアプリケーションを独立して動作させることが可能なのです。
 
 
LISK リスク

 

サイドチェーンのメリット

 
 
 
まず1つ目は、トラブルへの対処という点です。
 

サイドチェーンはLISK(リスク)のチェーンとは別に作用していくので、

もしLISK(リスク)自体のブロックチェーンに問題が生じたとしても、

その影響を受けにくい&対処しやすい

という利点があります。
 

そしてもう1つは、取引の高速性です。

メインであるブロックチェーンと、独自のサイドチェーンはお互いに独立しているため、

相互に負荷をかけません。
 
そのため、お互いのトランザクションの量や問題により負荷をかけてスピートが遅くなることがなく、

常時高速取引が可能となります。
 
LISK(リスク)
 
 

LISK(リスク)を使って仮想通貨を生み出すこともできる

 LISK(リスク)も有望なアルトコインではありますが、

このLISK(リスク)を利用して独自の仮想通貨(=暗号通貨)を生み出すことも可能です。
 
  
LISK(リスク)から期待できるプロジェクトが発進すれば、

LISK(リスク)そのものの価値も高まるかもしれません。

 

JavaScriptoが使用できるので、開発者も親しみやすい

 
LISK(リスク)でアプリケーションを構築する際には、JavaScriptを使用することができます。
 
そのため、多くの開発者がとっつきやすく、とても親しみやすいプラットフォームとなっているんですね。

 

JavaScript(ジャバスクリプト)とは、プログラミング言語のひとつである。 Javaと名前が似ているが、全く異なるプログラミング言語である(後述の#歴史を参照)。 一般的に、プロトタイプベースのオブジェクト指向スクリプト言語であると言われている。
(Wikipediaより)

  
この親しみやすさもある影響か、LISK(リスク)にはたくさんのプログラマーが参加しています。
 
リスク LISK

 

LISK(リスク)の価格や規模は??

 
現在のLISK(リスク)の価格や時価総額を見ていきましょう。

 
現在、時価総額ランキングでは15位に位置しており、

価格は5ドルから6ドルくらいを推移しています。

上記LISK(リスク)の価格などはリアルタイムで変動しますので、
生地との内容が違っている可能性が大いにありますがご了承ください。
 
 
 
ランキングては上位の部類ではありますが、

個人的には価格・規模共にまだまだ伸びる

と考えています。
 
 
次に価格推移を見てみます。
 
リスク LISK

ここ数ヶ月で高騰しているのがわかります。 
 

特に8月末の急騰は目覚ましく、

8月は200円台前半で推移していたLISK(リスク)ですが

下旬から急上昇し9月入った段階では

900円を超える値段をつけました。
 

ほんの短期間で約4倍の値上がりを見せたのです。
 

そこから価格調整が入り、現在は600円台というわけです。
 
 

LISK(リスク)の将来性は??

 
さて、そんな注目の将来性について、

最後に触れたい思います。

 

リスク 将来性

将来性については、個人的には

抜群にある

と思っています。
 
  
ブロックチェーン技術は今後ますます発展していくであろうことは

多くの方が考えていることだと思います。
 

そして、ブロックチェーンを利用した新しいモノがたくさん生まれます。
 

しかし、ブロックチェーンの技術というのは専門性が高く、

扱える技術者は圧倒的に少数です。
 

需要に対して、扱える人間が完全に不足しています。
 

そのような中で、LISK(リスク)は

ブロックチェーン技術に関わる敷居を低くすることに貢献していて、

それはとっても画期的であり、今後普及していく可能性を大きく秘めているように感じています。
 

イーサリアムと同程度の規模まで成長しても不思議ではないくらいで、

今の価格を考えると

バーゲンセール状態

かなと思います。
 

というわけで、僕はLISK(リスク)の将来性に期待してそこそこ買っています。
 

これからも暖かく見守りたいなーと思います。

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください