仮想通貨「ByteBall(バイトボール)」とは?〜チャートや価格、将来性など〜

ByteBall 仮想通貨




どうも、ぽよよです。

ブロックチェーン技術は世界を変えるような技術だと思いますが、
そんなブロックチェーン技術の上を行くとも言われている技術があります。
 
それが「DAG」と呼ばれる技術です。
 
そんなDAGが採用されている仮想通貨(=暗号通貨)がいくつかありますが、
ここではそのうちの1つ、ByteBallについて紹介していきます。
 
バイトボール スマートペイメント

ByteBall(GBYTE)ってどんな仮想通貨?

 

ByteBall(バイトボール)は2016年にローンチされた、
比較的新しい部類の仮想通貨です。
 

ティッカー(シンボル)は「GBYTE」になります。
 

ぽよよ
ちょっとややこしいぞ・・・
 

この単位は容量を表しているもので、
メガバイトやキロバイトなどの単位でも表現が可能であるため
「GBYTE」という単位になっています。
 

発行上限は100万GBYTEです。
 

ByteBall(バイトボール)の特徴

 
Byteballにはたくさんの特徴がありますので、
公式HPホワイトペーパーも参考にしながら紹介していきましょう。
 
バイトボール 特徴
 
  

注目の新技術!DAGの採用

 
仮想通貨はビットコインをはじめ、ブロックチェーン技術を用いているものが多く見られますが、
バイトボールはDAGという技術を採用しています。
 

DAGとは、【Directed acyclic graph】の略で
日本語で表すと「有向非巡回グラフ」と呼ばれます。
 

ぽよよ
理解不能・・・
 

DAGはブロックチェーンとは異なるシステムで、
こちらはブロックチェーンよりさらに歴史の浅い技術です。
 

が、ブロックチェーン技術を上回るとも言われており、
とても注目されています。
 

ブロックチェーン技術は、チェーンと言われているように
トランザクションが鎖のように繋がっていますよね。
 
ブロックチェーン バイトボール
 

それに対し、DAGでは1つ1つが綺麗に繋がっているとは限らず、
複雑に分散しながら1方向に向かって伸びていきます。
 
bytebal gbyte
(参照:ホワイトペーパー)

ぽよよ
なんだか面白い形をしているな〜!
 

では、ブロックチェーン技術に比べてDAGはどんなメリットがあるのでしょうか??
 

  1. スケーラビリティ問題にさらされない
  2.  
    ビットコインもそうですが、よくスケーラビリティ問題は取り上げられますよね。
     

    スケーラビリティ問題とは・・・
    トランザクションの増加によって1ブロックの容量が足りなくなってしまい
    送金遅延などの問題が発生してしまうこと。
     
    ビットコインの1ブロックの容量は1MBなのですが、
    普及が進むと1MBでは足りなくなってしまったりするんです。

     
    そんなスケーラビリティ問題も、DAGでは無縁となっています。
     

    DAGでは1ブロックという限られた箱の中にトランザクションが詰め込まれているわけではなく、
    たくさんのトランザクションが網羅的に繋がって構成されているので、容量の問題はないのです。
     
    ByteBall GBYTE   

  3. マイニングが存在せず、取引時間も一瞬!!
  4.  
    ビットコインなど多くの仮想通貨はマイニングによってトランザクションが承認され、
    ブロックが生成されていきます。
     
    しかし、ByteBallはブロックも存在しないし、
    マイニングもありません。

     

    そのため、トランザクションの量に左右されることなく、
    送金も瞬時に行うことができます。

    こういった技術はスマートペイメントと呼ばれています。
      

    スマートペイメント バイトボール
  5. 手数料が安価である

いくら優れたシステムであっても、
手数料が高いとやっぱり使いにくいですよね。
 

しかし、バイトボールは手数料も非常に安価に抑えられており、
これも使いやすさの要因となっています。
 
   
 

チャットを利用して取引ができる

 
ByteBall バイトボール

バイトボール(GBYTE)をチャットを利用して送受信することができます。
 

画像のように、「Payment request」として
送る数量と支払先アドレスを入力すれば、
それだけで送金ができてしまうのです。
 
 
こちらの画像のように、チャットボットを利用して
会話形式で取引を行うこともできるので使いこなせばかなり便利なものとなるでしょう。
 

 

開発しやすいスマートコントラクト

スマートコントラクトといえばイーサリアム(ETH)を思い浮かべる方も多いかと思います。
 
バイトボールにも、スマートコントラクト機能が備わっているんです。
 

そして、ByteBallの開発陣は現実的で使いやすいプラットフォームを目指しており、
スマートコントラクトもたくさんの人が使いやすいように構築しています。
 

仮想通貨(=暗号通貨)の種類は何千種類とあって、
それぞれにコンセプトがありますが、まだ仮想状態のものがほとんどですよね。
   

ぽよよ
仮想通貨だけに・・・
 

そんな中でも、ByteBallのプラットフォームを利用したアプリケーションが誕生しており、
こういった実用化の例があるのは今後の展開にも有利に働くでしょう。
 

ちなみに、バイトボールのプラットフォームを利用されて作られたアプリの1つとして
LuckyBytesというアプリがあります。
 
ByteBall Gbyte

これはアプリ内で宝くじで遊ぶことができるものです。
 

こういった開発がお好きな方は、ByteBallのプラットフォームで
何か新しいアプリを作ってみるのも面白いでしょうね。
 

予測市場への機能も備わっている

 
バイトボール スマートコントラクト

予測市場はスマートコントラクトと相性がいいものですが、
ByteBallも予測市場での機能が備わっています。
 

予測市場の仮想通貨といえば、僕の期待している仮想通貨の1つ
STOXも予測市場の機能を持つアルトコインです。
 

仮想通貨【STOX】とは?〜価格やチャート、内容や将来性など〜

2017.10.29

バイトボールも予測市場でも活用できるのであれば、
さらに汎用性が広がりますね。
 

匿名性のあるBlackByteが利用できる

ByteBallではBlackByteという通貨が存在し、
これを利用することによってトランザクションを追跡されない匿名性を確立することができます。
 
Blackbytes バイトボール

モネロ(XMR)やダッシュ(DASH)など、
匿名性のある通貨は人気があるので、
これもバイトボールの魅力の1つと言えるでしょう。
 

マイニングではなくwitnessノードが役割を果たしている

 
ビットコインなどのブロックチェーン技術を採用しているコインは
マイニングを行うマイナーたちによってトランザクション(=取引)の承認がされています。
 

それに対し、ByteBallはwitnessノードと呼ばれるコンピューターが
トランザクションの承認をしています。

witnessとは・・・
日本語で「証人」を意味する単語です。

 
現在は12のwitnessノードが存在しますが、
バイトボール運営陣らがwitnessノードを担っています。
 

中央集権になっている

  
中央集権 仮想通貨
 
 
witnessノードが運営側に集中してしまっているので、
いわゆる中央集権型でバイトボールが進化しています。
 

万が一、運営者たちが

「もうByteBallやーめた!!」

と言って投げ出したら、バイトボールは機能しなくなって価値がなくなってしまいます。
 

中央集権が良いのか、非中央集権が良いのかは議論しませんが、
バイトボール開発者はwitnessノードを移行して非中央集権へと
変えていきたいと考えています。
 

バイトボールは親しみやすいプラットフォームなので、
広まってくれば徐々にwitnessノードも移行してくるかもしれませんね。
 

エアードロップ(AirDrop)でByteBallを付与

 
ByteBall 仮想通貨 
 

バイトボールは、GBYTEの保有数や、ビットコインの保有数によって
エアードロップ(AirDrop)を利用して配布しています。
 

エアードロップとは・・・
ワイヤレスにデータなどを共有したり転送したりできる機能です。
 

ぽよよ
エアードロップって使ったことないんだよな・・・笑
 

月に1度、無料でByteBallを配布しており、
公式ウォレットの設定などの条件をクリアしていれば
保有枚数によってGBYTEをゲットすることができます。
 

なぜエアードロップで配ったりしたの??

 

「なんで運営は付与するなんてことをしたんだ??」

って思いますよね。
 

通常、企業などが何かしようと思った時に資金調達をすると思います。
  
ICO 仮想通貨
 
 
株式会社ならIPOですし、仮想通貨もICOによって資金調達するプロジェクトが多いですよね。
 

何か新しいものを作るためには開発資金などお金が必要になってきます。
 

だから仮想通貨が普及し始めてICOも爆発的に増えたのですが、
バイトボールはICOをしていません。
 

通常はICOをして、その時にコインやトークンを配布して
市場に流通していくのですが、ByteBallはその流れがないんですね。
 

全て開発者たちで保有していたので、
市場に流れるルートがありませんでした。
 

しかし、バイトボールの開発者は実用できる扱いやすいプラットフォームを目指して
ByteBallを作っているので、どんどん普及させたかったのです。
 

だから、GBYTE保有者はもちろん、ビットコイン保有者も対象にGBYTEの配布をしたのですね。
 
1ヶ月に1度、指定された日時で配布がされていました。
 

どのくらいのバイトボールを配布していたの??

  
バイトボール エアードロップ
 
GBYTEの無料配布といっても、
どのくらいの数量が配られたのでしょうか?
 

運営は、総供給枚数の98%を市場に流通させ、
自分たちの手元にはほとんど残さない方針です。
 

ぽよよ
え、そんなに大盤振る舞いに配っちゃうの( ゚д゚)??

 
通常なら、運営側も資金を残しておきたいので自分たちでも結構保有したりするのですが、
バイトボールはほとんど市場に流してしまうのです。
 

こういった姿勢からも、開発陣のByteBallが普及してほしいという思いが伝わってきますね。
 
 
そして、なぜByteBallと関係ないビットコインを保有している人も
配布対象になるのかというと、
これも結局はたくさんの人にByteBallを触れてほしいという想いから来ています。
 

仮想通貨のキングとも言えるビットコインを保有している人を対象にすることで、
興味関心を持ってくれる人をより多く獲得しようとしているんですね。
 

ぽよよ
素晴らしい心意気だな〜。
 
 

GBYTEの過去の配布量についても公式HPで確認することができます。
 

バイトボール 仮想通貨
 

第1回目の配布は2016年のクリスマス、12月25日に配布されました。
 

  • 1回目では全体の10%が配布され、
  • 2回目の2月が1.8%
  • 3月が2.0%
  • 4月が2.3%
  • 5月が2.9%
  • 6月が6.6%
  • 7月が11.0%
  • 8月が16.0%
  • 9月が5.7%
  • そして10回目が11月で6.1%
  • の配布率となっていました。
     
    ここまでで合計64.4%が配布されていて、
    あと33.6%が今後配布されていくのかと思われます。

    試しにコインマーケットキャップを確認してみると、
    確かに最大供給量が1,000,000GBYTEに対して、
    発行済が645,222GBYTEになっています。
     
    ByteBall 仮想通貨
     

    ほぼ64.4%なのでぴったりですね。
     
     
     
    今後の配布日程も、随時運営から発表されていくようですので、
    GBYTEホルダーの方は要チェックでしょう。

     

     

    バイトボールの価格やチャート

    気になるByteBallのチャートをチェックしてみましょう。
     

    GBYTE 価格

    対BTCですと、2017年7月ごろに最高値で1GBYTE=0.3BTCを余裕で超えているので、
    結構な高値をマークしていたことがわかります。
     

    そこから急落し、9月手前で再度盛り返しますが、
    結局落ち着いてしまい現在は1GBYTE=0.03BTCほどで推移しています。
     

    この値動きには、やはりエアードロップが関係しています。

     
    エアードロップによる配布期間前はGBYTEを集める動きが高まり、
    価格が高騰している傾向があります。

     
     
    9月から配布率が減少するという情報によって、
    より価格の下落を招くことになりました。
      
    バイトボール 仮想通貨
      
     
    上記の配布率を見ればわかるように、
    8月の配布率が16.0%だったのに対して、
    9月は5.7%になっていますよね。

     
    さらに、ビットコインが10月、11月と高騰しているため、
    対BTCレートの方がより下落しているように見えてしまいます。
     
     
    直近では少し価格が上向き始めたかな??という動きも見られますが、
    果たしてどうなるでしょうか。
     
     

    時価総額と開発力などの評価

     
    夏頃をピークに下落基調にあるバイトボールですが、
    時価総額は現在47位となっています。
     

    ByteBall 価格 
     (※2017年11月23日現在)
     
     
    近くには僕が推しているSiacoin(シアコイン)や中国の取引所「Binance」のコインであるBinancecoin(バイナンスコイン)が見えますね。
      

    仮想通貨【Siacoin(シアコイン)】とは?〜概要・チャート・将来性などを〜

    2017.10.06
     

    そして、偶然なのですが、僕がこれを書いている11月23日時点では、
    開発力や市場の関心などの視点から独自のランキングを作成しているcoingeckoでも47位にByteBallがランクインしています。
     

    バイトボール チャート

    ぽよよ
    47位で揃ってる!!
     
      
    バイトボールは時価総額にしろ、coingeckoのランキングにしろ
    価格が下がって来ているとはいえまだトップ50位以内に入っていますので、
    まだまだこれから期待できるでしょう。

    ※こちらはリアルタイムの時価総額ランクや価格です。

     

    バイトボールの将来性

      
    バイトボール 将来性 
     
     
    気になるバイトボール(GBYTE)の将来性ですが、
    僕は期待できると思っています。
     

    ブロックチェーンではなく、注目されているDAGの採用、
    拡張性のある親しみやすいプラットフォーム、
    スマートコントラクトや匿名性などの特徴、
    開発陣の姿勢
    など、
    評価されるべき点はたくさんあります。
     

    先ほど紹介したように、すでにバイトボールのプラットフォームを利用したアプリケーションも登場していますが、
    これから続々とこういった実用例が出てくれば
    注目も浴びて価格の上昇も期待できると思います。
     

    ちょうど今は価格もピーク時に比べてかなり下がっていますので、
    買い時かもしれませんね。
     

    ByteBall(GBYTE)が購入できる取引所

     
    バイトボール 取引所
     
     
    そんなバイトボール(GBYTE)を購入できる取引所をご紹介します。
     

    GBYTEは日本の取引所はもちろん、
    海外でも多く扱われているわけではありません。
     

    主には、海外取引所の中ではメジャーなBittrexで購入することになります。
     

    他にも、草コイン取引所として有名なCryptopia(クリプトピア)でも扱っていますが、
    こちらはほとんど取引量がないので注意が必要です。
     

    coingeckoで取引量の割合を確認することができますが、
    全取引量のうち、99.95%はBittrexで取引されているのがわかります。
     

    ByteBall 取引所

    というわけで、ByteBall(GBYTE)を買ってみたいと思った方は、
    Bittrexで購入してみてください。
     

    まとめ

     

    DAGを採用している有望なコイン、ByteBall(バイトボール)をご紹介しました。
     

    上記のように将来性もあるコインだと思いますので、
    少し保有してみるのもありかと思います。
     

    技術者の方は、試しにバイトボールのプラットフォームを利用して
    アプリケーションを作ってみるのも面白いかもしれませんね。
     

    僕も「バイトボール」という名前が何となく好きなので、
    応援していきたいと思います。
     

    ぽよよ
    名前とかデザインは大事!!

     

    今後のByteBall陣営に期待です。

     
    また、同じくDAGを採用している通貨に
    Aidos Kuneen(ADK)があります。

    仮想通貨【Aidos Kuneen(ADK)】とは?〜価格やチャート、将来性などの概要を紹介〜

    2017.11.07

    こちらも有望ですので、ぜひチェックしてみてください。

     

     
     

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加