仮想通貨【Aidos Kuneen(ADK)】とは?〜価格やチャート、将来性などの概要を紹介〜

ADK 価格




どうも、ぽよよです。

突如として価格が急騰している仮想通貨【Aidos Kuneen(ADK)】が
どのような通貨なのかをご紹介してきます。
 

aidos market

Aidos Kuneen(ADK)ってどんな通貨?

  
Aidos Kuneen】と書いて、
【エイドス クニーン】と読むようです。
 
 
Aidos Kuneen(ADK)が焦点を当てているのは

プライバシー、分散化、スケーラビリティの3つです。
 
 
そして、開放性を重視しているため、エイドスはオープンソースプロジェクトとなっています。
 

 
エイドスクニーンは銀行や政府などのお金の管理の方法をより改善するべく立ち上がっています。
 

銀行や政府などはお金を扱うことが多いですが、
「お金を何に使ったのか」、「正しく記録していくだけではなく、漏洩することなく管理できているのか」
という部分が大事になっています。
 

が、やはり人間が管理しているものなので、
人為的ミスなどで漏洩してしまうことも場合によってはありますよね。
 

そんなお金の管理をAidos Kuneenは担おうとしています。
  
ADK 仮想通貨
 
 

プライベート性

 
Aidos Kuneenは匿名性が高い通貨です。
 

トランザクションシステムにより、ユーザーの情報が公開されません。
 

暗号通貨では匿名性コインが人気だったりしますよね。
(モネロやZキャッシュなど)

 
さらに、ダッシュ(DASH)で採用されているようなトランザクションのシャッフル機能も備わっており、
トランザクションは完全にブラックボックス化します。
 
そのため、強い匿名性を実現しているのです。
 
ADK 仮想通貨

 

手数料が無料

 
通常、暗号通貨は送信するときに若干の手数料がかかります。
 
しかし、ADKはその手数料が無料となっているんです。
 

送金手数料が無料というのは、実用されていく上で非常に魅力的なポイントです。
 

手数料が無料になることによって大きなメリットとなるのは、

マイクロペイメントに利用できるということですね。
 

マイクロペイメントとは・・・
【少額の支払い】のことをいいます。
 

例えば、100円だけ送金したいのに、手数料で150円もかかったとしたら、
なんだかバカバカしいですよね??
 
しかし、手数料が無料であれば、10円だろうが1円だろうが、
送金するのに利用しやすくなります。
 
  
ビットコインもトランザクションが混雑していると
それなりに手数料がかかりますので、ADKの実用性が実感できます。
  
ADK 仮想通貨 
 
 

ブロックチェーンではなく、DAG通貨である

  
Aidos Kuneenはブロックチェーン技術ではなく、
iMeshという DAGという技術を元にした技術が採用されています。
 

DAGはブロックチェーンをより進化させたものとも言われ、
非常に将来的に期待できる機能です。

 

DAGとは、有向非循環グラフ(Directed Acyclic Graph)のことなのですが、
ここでDAGについての説明は難しいため省略します。
 

DAGについてはかなり技術的な話しになってしまうため、
気になる方はこちらをご覧ください。
ブロックチェーンに変わる新技術?DAGとは

 
DAGでは、トランザクションの制限がありません。
 
ビットコインはよくスケーラビリティ問題が取り上げられますが、
スケーラビリティ問題はトランザクション容量に限界があるため起きることです。
 

エイドスクニーンはDAG通貨なので、
スケーラビリティ問題にさらされることもないのです。
  

DAGはIOTAやByteballなどでも採用

 

DAGは有名な仮想通貨「IOTA」や「Byteball(バイトボール)」などで採用されており、
まだ歴史が浅いですが非常に有望な技術となっています。
 

仮想通貨「ByteBall(バイトボール)」とは?〜チャートや価格、将来性など〜

2017.11.23

ADKもDAG通貨であることによって、
モノのインターネット(IoT)分野での活用も見込むことができます。
  
ADK 仮想通貨
  
 
※1/1追記
Binanceで上場投票で1位を走っており、価格も急上昇しているRaiBlocks(XRB)もDAGを採用している仮想通貨です。

急上昇!仮想通貨「RaiBlocks(ライブロックス)」とは?〜リブランドしてnanoに、概要や価格、購入できる取引所など〜

2017.12.30
 
また12月14日〜1月14日でICOを行なっているTravelflex(トラベルフレックス)もDAGをベースとしています。

気になるDAG採用予定のTravelFlex(トラベルフレックス)とは?〜ただいまICO期間中の仮想通貨です〜

2018.01.01

DAGという技術は個人的にも注目しているので、
今後が楽しみですね。
 
 
   

将来性はどうなの?

  
ADKの将来性や今後の動きについて見てみます。
 

Aidos Kuneenの公式ページでは2018年までロードマップが公開されていますので、
まずはそちらを確認していきたいと思います。
 

  • 2016年 デスクトップウォレットやベータ版
  • ADK aidoskuneen
  • 2017年 財団の設立、匿名性の確立、カジノの構築
  • aidoskuneen adk
  • 2018年 銀行の設立
  • aidoskuneen adk

    ここまでが公開されているロードマップです。
     
    2017年は財団の設立やカジノの構築など、重要な年となっていますが、
    財団の設立はすでに完了しています。
     

    カジノについてはこれからかと思いますが、
    カジノの構築にも成功したとしたら、ADKの成功の大きな弾みになるかもしれません。
     

    また、来年には銀行の創設が視野に入ってきます。
     
    ADKは銀行の役割を担うべく活動しているので、
    実際に銀行の創設となったら、いよいよ目標が現実的になってきます。
         

    リトアニアのオンラインバンキングとのパートナーシップ

     
    10月12日にはリトアニアのオンラインバンキングとパートナーシップを結んだニュースが出ました。
     
    ADK 仮想通貨
    (参照:cointelegraph)

     
    日本人はまだ参加できませんが、
    このパートナーシップによって、自前の取引所であるAidos Market以外でも
    ADKを購入できるようになっています。
     

    銀行市場への参入の第一歩、といった感じでしょうか。
     

     

    Aidos Kuneenが買える取引所は?

     

    ADKは日本の取引所はもちろん、BittrexやPoloniexなど有名な海外取引所でも扱っていません。
     

    ADKを唯一購入できる場所はAidos Marketという取引所になります。
     
    Aidos markets

     
    Aidos MarketはAidos Kuneenが運営する取引所で、
    ADKのみを扱っています。
     
    ADK独自の取引所というわけですね。
     

    これについては、リスクが伴うことは理解しておかなければいけません。
     

    Aidos Kuneenが運営する取引所なので、
    万が一、ADKが失敗すると、預けたお金もろとも全て回収できなくなると思います。
     

    そのため、100%Aidos Kuneenが信頼できると思わないと
    ADKを購入することができません。
     

    なので、リスクを考慮するとなくなってもいい金額を
    ADKに投資するということは徹底した方がいいでしょう。
     

    かなり有望なコインではありますが、
    やはり何があるかわかりませんので、ADK1点張りなどはオススメしません。
      

    ぽよよ
    分散と集中はバランスよく!
     

     

    Aidos Marketは頻繁にメンテナンスに入るので注意

     
    Aidos Marketメンテナンスにより取引ができないことが結構あります。
     
    10月はメンテナンスの期間が長く、復帰後は順調に稼働していますが、
    時々メンテナンスで取引ができなかったりします。
     

    そのため、10月には時価総額ランキングで28位まで躍り出ましたが、
    取引が行われないために一気に順位が落ちました。
     

        ↓

    ADK aidoskuneen
    ※11月6日現在

     
    ADKは他のアルトコインとはちょっと変わっていますので、
    その辺りも考慮して購入してみてくださいね。
     

    ADKの価格やチャート

     
    ADKの値動きはどうなっているのか、見てみます。

    ADK aidos kuneen

    チャートを見ると、2017年9月頃から少し上昇し、
    翌月10月に一気に値上がりしているのがわかります。
     

    9月の時点では1ADKが4ドルほどでしたが、
    現在では30ドルを超えています。
     

    ここ2ヶ月で8倍近い値上がりを見せています。
     

    今後も上昇傾向が続くと見られているので、
    要チェックのアルトコインです。
     

    まとめ

     
    ADKについては僕もまだ情報が薄い部分もあるのでさわり程度ですが、
    有望な通貨であることに間違いはないので紹介してみました。
     

    僕も幸いなことに少額ですが1ADKが5ドルの時に購入できましたので、
    ADKには乗っかろうと思っています。
     

    もう少し情報を調べて、随時追記していきますので、
    よろしくお願いします。
      

    仮想通貨「ByteBall(バイトボール)」とは?〜チャートや価格、将来性など〜

    2017.11.23

    Aidos Kuneen(ADK)がユーロ(EUR)でも購入可能に!〜MisterTangoと提携〜

    2017.12.13

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加