ブロックチェーンプラットフォームである仮想通貨「Achain(ACT)」とは?〜チャートや価格、将来性など〜

Achain 仮想通貨 ACT




どうも、ぽよよです。

正統派の仮想通貨、Achain(ACT)を紹介していきます。
 

Achain(ACT)とは?

Achain(エーチェーン)はシンプルで安全、そして効率的なブロッックチェーンのプラットフォームです。

限界のないブロックチェーンを構築することを目指し、2015年にAchainコミュニティが作られました。
 
 
Achainはパブリックブロックチェーンプラットフォームであり、
様々な技術者がAchainのプラットーフォームを利用してトークンやスマートコントラクトを創造したり、
アプリや新しいブロックチェーンを作ることができます。

ACT 仮想通貨 エーチェーン

3つのフェーズで目標を達成していく

Achain 仮想通貨 ACT
 
Achain(ACT)は3つ段階に分かれて開発が進んでいきます。 

第一段階 – Singularity

Singularityは直訳すると特異性を意味します。

この段階ではAchainネットワークのセキュリティを強化して、
安定性を確立します。

スマートコントラクトやデジタル資産、そしてサンドボックスシミュレーションが利用できるようになります。

サンドボックスとは、新しく作成されたスマートコントラクトを自動でテストし、
それを監視することによってAchainネットワーク内で安全に実行されます。

第二段階 – Galaxy

Galaxyはスマホのシリーズでもお馴染みですが、
「銀河」を意味する単語です。

AchainのGalaxyの段階では、Achainのネットワークが複数のサブチェーンに分割され、
保険、文書の電子化・暗号化、記録調査、信用格付などの様々なアプリケーションのニーズに対応します。
 
ユーザーが使いやすく、カスタマイズも可能なフレキシブルなブロックチェーンネットワークを作ります。 

第三段階 – Cosmos

最後の第三段階であるCosmosは宇宙という意味の単語ですが
インターネット上で個人の信用や資産、消費データ、地域社会のコンセンサスなど、多次元のデータを接続します

バリュー交換プロトコル(VEP)によってメインチェーンとサイドチェーン接続し、
ブロックチェーンと非ブロックチェーンを結びつけて世界を網羅し多次元へと押し上げます。

ACT 仮想通貨 VEP

Achainの進捗については
こちらのForum
から確認することができます。

 

Achainの特徴

  
簡単にAchainを表すと、

  • セキュリティに優れ
  • 安定していて
  • 拡張性があり
  • スマートサンドボックスやバリュー交換プロトコルを搭載し
  • ユーザーが使いやすく
  • コストが低くて
  • カスタマイズ性があり
  • データの相互交換ができる

といった特徴を持ち合わせています。 

PundiXはAchainのDAppsだった

 
Achain(ACT)の公式ホームページを見ていると、
AchainによるDAppsが確認できるのですが、そこにPundiXが載っていました。
 
Achain ACT 仮想通貨

PundiXはとても注目されているプロジェクトですが、
まさかAchainとPundiXが繋がるとは思いませんでした。
 

ぽよよ
面白い!!
 

PundiXは話題にもなったICOなので、
これをきっかけにAchainが注目される可能性もあるかもしれませんね。
 

Achain(ACT)の価格やチャートは?

 

では、そんな万能性のあるAchainのトークンであるACTの価格やチャートを見ていきます。
 

ACTチャート 仮想通貨

2017年の8月に取引所に上場してから、そこまで大きな動きは見られません。
 
2018年1月にハードフォークがあった影響で価格が上昇しましたが、
また下落してしまい、2018年2月5日現在は上場直後とそこまで変わらない価格になっています。
 

しかし、時価総額は133位に位置していて、
そんなに悪いところにいるわけでもありません。
 

今後、さらに上位に食い込んでくる可能性は十分あるでしょう。
 

(こちらはリアルタイムの時価総額や価格です)

Achainが購入できる取引所は?

 
Achain(ACT)は複数の取引所で取り扱っていて、

  • Huobi
  • OKEx
  • Kucoin
  • BigOne 

などで購入することができます。

ACT 仮想通貨 取引所

 
OKExやKucoinは利用している方も多い取引所なので、
比較的購入しやすいですね。
 

逆に、BinanceやBittrexには上場していないので、
今後さらに扱う取引所が増えていきそうです。
 

AchainのオフィシャルTwitterとテレグラムが誕生

 
Achainはこれまであまり日本で活動することはなかったのですが、
ついにオフィシャルTwitterとテレグラムが誕生しました。

 
興味ある方はぜひFollow&Joinをしてみてください。
 

オフィシャルTwitterはこちら
 
日本オフィシャルテレグラムはこちら
 

まとめ

Achainはブロックチェーンのプラットフォームであり、
ホワイトペーパーなども少々難解でわかりにくいものになっています。
 

しかし、PundiXで利用されていたり、
今後ますますブロックチェーン技術に携わる技術者が増えてくれば、
Achainも活用されていくかもしれません。

 
玄人好みの仮想通貨ですが、
今後の発展が楽しみです。
 

ぽよよ
LINE@ではいち早く配信しているよ!ぜひ登録してね!



友だち追加