ブロックチェーンプラットフォームである仮想通貨「Achain(ACT)」とは?〜チャートや価格、将来性など〜

Achain 仮想通貨 ACT




どうも、ぽよよです。

正統派の仮想通貨、Achain(ACT)を紹介していきます。
 

Achain(ACT)とは?

Achain(エーチェーン)はシンプルで安全、そして効率的なブロッックチェーンのプラットフォームです。

限界のないブロックチェーンを構築することを目指し、2015年にAchainコミュニティが作られました。
 
 
Achainはパブリックブロックチェーンプラットフォームであり、
様々な技術者がAchainのプラットーフォームを利用してトークンやスマートコントラクトを創造したり、
アプリや新しいブロックチェーンを作ることができます。

ACT 仮想通貨 エーチェーン

3つのフェーズで目標を達成していく

Achain 仮想通貨 ACT
 
Achain(ACT)は3つ段階に分かれて開発が進んでいきます。 

第一段階 – Singularity

Singularityは直訳すると特異性を意味します。

この段階ではAchainネットワークのセキュリティを強化して、
安定性を確立します。

スマートコントラクトやデジタル資産、そしてサンドボックスシミュレーションが利用できるようになります。

サンドボックスとは、新しく作成されたスマートコントラクトを自動でテストし、
それを監視することによってAchainネットワーク内で安全に実行されます。

第二段階 – Galaxy

Galaxyはスマホのシリーズでもお馴染みですが、
「銀河」を意味する単語です。

AchainのGalaxyの段階では、Achainのネットワークが複数のサブチェーンに分割され、
保険、文書の電子化・暗号化、記録調査、信用格付などの様々なアプリケーションのニーズに対応します。
 
ユーザーが使いやすく、カスタマイズも可能なフレキシブルなブロックチェーンネットワークを作ります。 

第三段階 – Cosmos

最後の第三段階であるCosmosは宇宙という意味の単語ですが
インターネット上で個人の信用や資産、消費データ、地域社会のコンセンサスなど、多次元のデータを接続します

バリュー交換プロトコル(VEP)によってメインチェーンとサイドチェーン接続し、
ブロックチェーンと非ブロックチェーンを結びつけて世界を網羅し多次元へと押し上げます。

ACT 仮想通貨 VEP

 

Achainの特徴

  
簡単にAchainを表すと、

  • セキュリティに優れ
  • 安定していて
  • 拡張性があり
  • スマートサンドボックスやバリュー交換プロトコルを搭載し
  • ユーザーが使いやすく
  • コストが低くて
  • カスタマイズ性があり
  • データの相互交換ができる

といった特徴を持ち合わせています。 

PundiXはAchainのDAppsだった

 
Achain(ACT)の公式ホームページを見ていると、
AchainによるDAppsが確認できるのですが、そこにPundiXが載っていました。
 
Achain ACT 仮想通貨

PundiXはとても注目されているプロジェクトですが、
まさかAchainとPundiXが繋がるとは思いませんでした。
 

ぽよよ
面白い!!
 

PundiXは話題にもなったICOなので、
これをきっかけにAchainが注目される可能性もあるかもしれませんね。
 

Achain(ACT)の価格やチャートは?

 

では、そんな万能性のあるAchainのトークンであるACTの価格やチャートを見ていきます。
 

ACTチャート 仮想通貨

2017年の8月に取引所に上場してから、そこまで大きな動きは見られません。
 
2018年1月にハードフォークがあった影響で価格が上昇しましたが、
また下落してしまい、2018年2月5日現在は上場直後とそこまで変わらない価格になっています。
 

しかし、時価総額は133位に位置していて、
そんなに悪いところにいるわけでもありません。
 

今後、さらに上位に食い込んでくる可能性は十分あるでしょう。
 

(こちらはリアルタイムの時価総額や価格です)

Achainが購入できる取引所は?

 
Achain(ACT)は複数の取引所で取り扱っていて、

  • Huobi
  • OKEx
  • Kucoin
  • BigOne 

などで購入することができます。

ACT 仮想通貨 取引所

 
OKExやKucoinは利用している方も多い取引所なので、
比較的購入しやすいですね。
 

逆に、BinanceやBittrexには上場していないので、
今後さらに扱う取引所が増えていきそうです。
 

まとめ

Achainはブロックチェーンのプラットフォームであり、
ホワイトペーパーなども少々難解でわかりにくいものになっています。
 

しかし、PundiXで利用されていたり、
今後ますますブロックチェーン技術に携わる技術者が増えてくれば、
Achainも活用されていくかもしれません。

 
玄人好みの仮想通貨ですが、
今後の発展が楽しみです。
 




オススメの国内取引所3選!!!


最大手の安心感!
ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内最大手の取引所で、3大メガバンクやリクルート、三井住友海上など名だたる企業が株主になっている取引所。
ビットフライヤーFXも人気で、出金も迅速。
登録がまだの方は必ずアカウント開設をしておきましょう!!

ビットフライヤーへの登録はコチラから

将来性のある仮想通貨が豊富!コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
アプリも使いやすいと評判で、有望な仮想通貨のラインナップも豊富!
ビットコイン以外の将来性のある仮想通貨がたくさんあるので、欲しい通貨が出てきた時にすぐ購入するためにもアカウント開設推奨です!!

コインチェックへの登録はこちらから

手数料最安!2つの取引所とは違う持ち味のZaif(ザイフ)

ビットフライヤーとコインチェックに比べて、手数料を安く抑えることができるのがザイフです!
扱っている通貨数も豊富で、将来性のある通貨やトークンが揃っています。
仮想通貨ドリームを味わいたいならザイフの開設は必ずしておきましょう!!

Zaif(ザイフ)への登録はこちらから

ぽよよ
LINE@も登録してね!!いち早く情報が届くかもᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

友だち追加